※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛情不足

「たった3万円? おかしいだろ、それ」
「……いいよ、別に」
「馬鹿、良いわけあるか! 事務所行くぞ。社長いるか」
無理矢理腕をとって歩き出すと、「いいよ、ほんと」と重い足取り。
こめかみのあたりにカーッと血がのぼるのがわかった。
就労時間に対して少なすぎる給料は何かの間違い、もしくは会社のごまかしか。
悪いのは社長か。事務か。誰かが抜いたのか。
あってはならん、こんなことは。訴えるべきか。警察。弁護士。労働基準監督署。
……いやいやいや。
それ以上に、引っ張られながら今も人ごとのようなこいつに、腹が立つ。
ようやくまともになったのに。やっと働けるって笑ってたのに。
可哀想な奴はどこまでいっても可哀想なままなのか!? 馬鹿な!
「お前、職場うまくいってないのか、ひょっとして」
腕を放すことなく聞けば、目を伏せながら「大丈夫……」と答える。
「……そうか」
こんなときは無力な自分が恨めしい。俺が雇えるものなら。せめていい口を紹介できれば。
実際にはただの社会人一年生で、まともな会社とはいえ雀の涙の給料であっぷあっぷしている身だ。
「毅さん」
やっと口を開けたと思えば、言いにくそうに「やっぱりいいよ、ほんとに」と足まで止まる。
「俺みたいなの雇ってくれてるんだし……辞めさせられたら行くとこないし」
笑った。泣くみたいに。
「みんな優しいし。俺に仕事教えてくれるし。まだ見習いみたいなもんだし……ほんとに、いいんだ、俺」
とうてい信じられない。小さな体に重すぎる材を毎日抱えて、足も肩も痣だらけのはずだ。
返事できないでいると、さらに小さな声でつぶやくように言った。
「それに、毅さんに迷惑かけられないし」
「馬鹿!」
大声は駄目だ、優樹には駄目なんだ。わかってたのに思わず出してしまった。
案の定、優樹はびくっと身を縮ませる。
その肩をつかんで、顔をそらすのもかまわず怒鳴りつけてしまう。
「俺は迷惑なんかじゃない! こんな仕事やめてしまえ!
 住むところがないなら俺のとこに来ればいいじゃないか! お前……お前……!」
もっと自分を大事にしろ、とはあまりに陳腐すぎて言えなかった。
愛されなかった子供。俺の力では足りないのか。
どこかの女が優樹とくっつけばいい。だれか優樹を愛してやってほしい。
こんなにも愛しく思っていると、優樹に告げれば優樹は救われるのか。
それじゃ駄目な気がする。俺じゃ無理だ。俺の気持ちは優樹を不幸にする。
「……駄目だ。うやむやにしちゃだめなんだよ、こういうことは」
深い疲労を覚え、また歩き出した。きっと優樹は俺の表情を誤解してるだろうと歯噛みしながら。