※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一番星

俯いて白い息を吐く。
厚いマフラーに口元を埋め、ポケットに手を入れてもまだ寒い。
周囲は夕焼けで紅に染まり、足元には黒々とした影が長く伸びている。
目を上げれば、空には気の早い一番星。

『一番星って俺に似てるよな』

ふと、いつも傍らにいた男の声を思い出した。


『気が早すぎるところは似てるかもな』
『ひっでー!いいじゃねーか思い出作りにちょこっと手を出すぐらいー』
『…手術は一ヵ月後だな』
『ああ』
『だったら無事完治した後にでも、いくらでも出せばいいだろう。
…縁起でもない』
『うん、でも、何があるか分からないしな。…一番星はさ、満天の星空の
中では光は紛れてしまうけど、少し早く光り始めるからこそ人の目を引くよな。
俺は、お前の心に残れるのなら、そういうのでもいいと思っている』
『…』
『俺がこのまま居なくなったら、俺が残せるのはお前に初めて触れたぬくもりだと
いう事実だけだ。
だからさ、』

『一番星を見たら俺を思い出せよ。少しは暖かくなるかもしれないぜ?』


「馬鹿だなあいつは」

西の空で輝く光も近くに無ければこんなにも冷たい。