※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リセット

「どんな職業でもいい。ただ、自分に誇りを持てる大人になって欲しい。私の願いはそれだけだ」

そんな手紙を遺して去っていったな、あんたは。
本当は親父の友達だったとか、その親父を戦場で見捨てた罪滅ぼしに俺を引き取ったとか、そういうことに文句を付けたいわけじゃない。
むしろ感謝している。
それは親父が本当は生きていたからとか、その裏で身も心も削っているのに同情したとかじゃない。
あんたと暮らしていて、俺は幸せだった。
それを言いたかっただけなんだ。

俺、ちゃんと大人になったよ。
2人の親父の背中を胸に、胸を張って生きているよ。

なのに何で。

「大きくなったね。……前に会った時はほんの赤ん坊だったのに」
いなくなった時と同じように唐突に姿を表したあんたは、俺のことはこれくらいしか覚えていなかった。

もしまた会えたら、色々話そうと思っていたのに。
でも、親父と一緒に何の陰もなく笑うあんたを見ながら、俺は愛想笑いを続けるだけだ。