※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

訛りで攻める

「何でそげん怒っとぉとや?わけわからん」
電話口から間延びした声が聞こえる。その声を聞いて余計に俺は苛立つ。
「知るか!てめーの胸に聞け!」
「聞いてもわからんけん聞きよっちゃろがぁ」

俺たちは今喧嘩をしてる筈だ。俺としては、声を聞いたら怒鳴ってしまうことが目に見えていたので
電話がかかってきた時点で取りたくもなかった。
「お前のそういうとこむかつく!ろくに考えてもねぇ癖に人にばっか聞きやがって」
「失礼かーおまえ。考えとるやろ、ほらこんなに。見えんとね?」
「電話で見えるかアホ!」

ああ、いつもこうだ。喧嘩をしている筈なのに、真剣な話をしているはずなのに、
緊張感がなくなるのはこいつの訛りの所為なんだ。
「見えんなら言うちゃーよ幾らでも。考えとるよ。何でおまえが怒っとるとか、ずっと。
一昨日からずっと頭ん中おまえで一杯。馬鹿みたいと思わん?」
「馬鹿みたいじゃない。馬鹿」
「馬鹿やもん。おまえを好きなのが馬鹿なら馬鹿でいい」

大嫌いだ。
緊張感をなくしてしまうこの響きが。とげとげの心を溶かしてしまう響きが。
「なぁ」
「…」
「好いとぉよ」
「……ばか」