※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同じ月を眺めている

眠れない。
自分の眠りがこんなにも浅かったのだと忘れていた。
いつも、アイツがいたから。
アイツの気配はいつだって心地よかった。
寒い季節、隣の温もりは自分を眠りに誘った。
いつだって一緒に夢を見た。
あの日までは。

いつもと同じようにアイツの横で眠りに落ちた。
けれど、何だかいつもとは違って。
顔に近づく気配にうっすらと目を開けた。
そして、唇に触れる何か。
目があった瞬間、アイツはビクリと体をこわばらせた。
何も言わずにアイツが立ち去った後で、ようやくキスだとわかった。
その日を最後にアイツはいなくなった。

アイツといるときはほとんど見ることのなかった月。
今は満ち欠けが追える程だ。
この月に願いが届けばいいのに。

アイツに、願いが届けばいいのに。


あの日、最後だと思って彼に触れた。
拒絶されるのが嫌で、卑怯にも眠る彼の唇に。
けれど彼は目を覚ました。
見開かれた目が嫌悪をしめすのを見たくなくて目を反らした。
拒絶の言葉聞きたくなくて逃げた。

もう会えないのに。

彼を巻き込む事はできないから。
ここからは俺の戦い。
自己満足と言われても、彼を危険に近づけたくなかった。

傍にいたいなんて言えない。
幸せにしたいなんて言えない。
寂しいなんて、言えない。

せめて彼が。
オレの傍でしか眠らなかった彼がこの月を見ていないといい。

願わくば、夢で会えたら。