※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パチンコ×パチスロ

ドンドンガチャガチャガラガラガンガンジャンジャン。

音の洪水の中で、だるそうに咥えタバコでスツールに腰を預けて、
手元の操作盤を弄っているヤツがいる。

その足元には、山と詰まれた箱と
そこからあふれて転がっている銀色の玉。

面白くもなさそうに
盤の中をビコンビコン跳ねる玉を眺めていた茶色い目が、
ふいにこっちを見て、これまたにやりと口元をゆがめて見せるのが。
負け犬の自分としては、非常にムカツクワケで。

「何万負けたよ? 」

咥えタバコで余裕の質問に、
自分は今月の生活費が底をついた事を白状する羽目になった。

「ったく。頭わりぃクセして生意気にスロットなんてやってからだろ? 」

ボケ。オツムのできと、スロットの勝敗なんて関係あるか。
と言いたいところだが、今の自分には、こいつは大事な金ヅルだ
機嫌はとらなければいけない。

ニコニコ愛想笑いなんぞしつつ『オニイサマ、お金貸してくんない?」と
可愛く聞いてみたら、このボケはやたら満足そうに笑いやがった。

「あぁ? そうだな……」

ニヤニヤ笑いながらヤツが見ているのは、床に転がっている銀色の玉。
……イヤな予感がする。

「“あの穴”に、1個入れたたら500円。どうよ? 」

頭わりぃのはテメェだろうよ! このボケがぁ!!

怒りに任せて、ヤツの壊れた頭を思い切りどついてやったが。

まぁ、あれだ……。
金も欲しいし、なんか既にケツもモゾモゾしてたりするし。

……今夜は、泣きを見る羽目になりそうだ。
と、ちょっぴり覚悟している自分もいたりするわけである。