※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一日違いの誕生日

どうして俺はもう1日早く生まれなかったんだろう。
いや、せめてもう数時間早く生まれてくればこんなに苦しむこともなかったのに。

俺は、春が嫌いだ。
自分の誕生日が大嫌いだ。
4月2日、この日が1年で1番嫌いだ。
生まれてきたことには何の不満も持ってないし、生んでもらったことも感謝する。
でも、何でよりによってこの日だったんだろう。
もう少し遅く生まれてきたのなら、きっと諦めもついたのに。
1日しか誕生日は違わないのに、俺はあいつといっしょにいることができない。


進学する年が違う。
当然、校内行事もバラバラで。
年を重ねるごとに、どんどんすれ違いが増えていく。
少しでも傍にいたくて同じ部活を選んだのに、それが逆に悩みの種を増やす。
あいつは『先輩』で、俺は『後輩』だから。
あの頃のように「ナオ」って呼べないことが、1番辛かった。

それでも傍にいれるならよかったのに。
俺が何より恐れていたことが、現実になろうとしてる。


今日やっと、あいつの志望校を聞き出せた。
あいつが進む大学は、俺たちの住む町からずっと離れた遠い地方の大学だった。
やっと指定校推薦をもらえる目処がついたと、
どうしても学びたい憧れの教授がいるんだと、嬉しそうに話すあいつの顔が見れなかった。

小学校と中学にわかれても、中学と高校にわかれても、
あいつにはいつだって会えた。
1年我慢すれば、また同じ場所までいけた。
でも、今度は今までとは訳が違う。
会いに行くのに一日がかりで、交通費だけでもかなりかかる。
俺の頭じゃあいつと同じ大学に進めるかどうかもわからない。
今まで勉強を教えてくれたあいつもいないのに。


どうして俺はもう1日早く生まれなかったんだろう。
どうしておまえはもう1日遅く生まれなかったんだろう。
1日しか違わないはずの俺たちの時間が、俺にとっては10年にも20年にも感じる。