※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死んだはずの君を見る

「何できゅうりやナスにぶすぶす割り箸を刺すのか、昔は分からなかったなぁ。
多分こんなことにならない限り、理解しても納得出来なかったろう」
そう言ってからやっと、久しぶり、と笑いかけてきた奴の顔を、俺はまじまじと
見つめた。

「なんだい、ちっとも嬉しそうじゃないな。来た甲斐が無いな」
「いや、嬉しくないわけじゃない」
むしろ泣きたいくらい嬉しい。
しかしそうして涙を流せば、半透明のお前の輪郭は、ますます曖昧になって
しまうだろうと思ったのだ。

ぽつり、ぽつりと言葉を交わす俺とそいつ。
お前、両親の所には行かなくて良いのか?
先に行ったさ。それに僕は君といたいんだ。
近況を語るのは俺だけで、そいつは相槌しか打たない。
それが無性に寂しいが、世の理を曲げる術を、こいつも俺も持ち合わせている
はずもなく。

「なすを」
「うん?」
「箸の刺さったなすを、全て隠してしまえたら……お前が帰らずに済むように
ならねぇもんかな……」

至極奇妙な、夢だった。
生きているはずの僕が死んでいて、死んだはずの君を訪ねる夢。
しかも僕が君として、僕を迎える夢だった。なんて悪趣味な夢だろう。
そうとも知らず今頃君は、君の家族のところにいるのだろうか。あのきゅうりの
馬に乗って。
そしてなすの牛に乗って帰るのだろうか。僕のところには寄りもせず。

ひどく生温い風が吹く。まるで人に撫でられるような感触。
僕は未だきゅうりやなすに箸を刺す行為に納得がいかない。