※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕を救う手

遠くから声がする。
「安藤、安藤ー!」
俺がその声に振り向くと、声の主は顔をくしゃくしゃにしていた。そして紙切れをずいと俺によこす。
「馬鹿っ、お前……なんでこれだけで行っちまうんだよ」
飯田の声は泣いているんだか怒っているんだかわからない。けれどなにか昂ぶった感情を俺にぶつけてきて、俺は少しひるんだ。
紙切れは俺の残したメッセージ、
「さよなら」
の一言だけのはず。名前も残さなかったのに、こいつは俺だとわかって追いかけてきた。
「何でって……仕方ないじゃん。俺がいたら、サッカー部は全国大会を棄権しなきゃいけねーだろ」
飯田は大きく首を振る。
「そんな言い方するなよ! お前がいたから、俺はここまで来れたのに」
その一言が俺の胸をしたたかに打った。
「お前がいたから……だから俺はお前についてきたのに、つれないこと言うなよ……」
そしてまた顔をくしゃくしゃにする。俺は手を伸ばして、飯田を抱きしめた。
なんとなくそうしなくちゃいけない気がした。飯田の手も俺にそっと触れる。
俺よりも一回り小さくて生白い手だけれど、それがなんだかいつもよりも大きく見えた。
「ごめん……ごめんな」
そのときになってようやく気がついたんだ。
こいつが俺に救われていたように、俺もこいつに救われていたんだって。