※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気弱後輩×強気先輩

そこは先輩と初めて出会い、多くの時間を共にしてきた部室。
「んで?話って何?」
「えぇと、そのですね、伝えたいことがあって…」
「ふぅん、何?」
「えっと……一年間こんな僕を指導してきてくれた感謝…とか」
「とか?」
「…卒業しても頑張って下さい、…とか」
「とか?」
「えぇと…その…」
「…俺、ダチ待たせてんだけど」
「あっ、すいません、その」
「……」
「……」
「…僕のこと、忘れないで下さい…」
それだけ、何とか言えた。先輩はそっぽを向いてガシガシと頭をかいて。
「あぁもう、図体のでかい奴がそんな震えた声出すなよ、まったく」
あぁ、最後まで僕は叱られっぱなしだ。
「急かせば言うかと思ったのによ」
言って寄って来て、ポケットからボタンを僕の手に握らせた。
「今日の記念にやる。他のにやるつもりなかったし」
呆然とする僕に、先輩は笑って言った。僕の一番スキな笑顔で。
「これからも記念日には色々やるから、楽しみにしてろよ?」
僕は、そのときになって初めて、先輩の制服に第二ボタンが無いことに気付いた。
だから、先輩の言った意味も、まだよくわからずにいた。
「ほら、いつまで惚けてんだよ。行くぜ」
先輩、大好きです、いつまでも。声には出せなかったけど、先輩は手を握りかえしてくれた。
先輩に手を引かれながら、僕はこの先ずっと続く桜並木へと足を踏み出した。