※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金魚すくいにいる亀

 自分より小さい「魚」は、自分の餌だ。

 私は長い間かけて自分の居場所の特徴を悟った。このつるんとした場所は
仕事場。自分の仕事は「そこにいる」こと。もう大人となったこの身体で。
 ごく稀に、遊びとして<モナカ>の―あるいは<紙>の―網を身体の下に
滑り込ませる客もいる。しかしもちろん自分を持ち上げられるはずはない。

 そんな時興行主はこう言う。
「お客さん、あの亀、とって帰ってくれませんかね。こいつ、金魚を喰っちまう
 んですよ。全く仲間意識のない奴でね」

 時には、私が水槽中で食欲を抑え切れなかったときには特に、こう話すことで
彼は客からの更なる数回分の散財を引き出すことに成功するのだ。
―ばかな。餌をちゃんともらっていれば、彼らを食べる必要などないのに。

 ああ神様、彼を食べさせないで下さい。どこで聞いてきたのか、
「くまのみといそぎんちゃく」や、「きょうぞんかんけい」等と言いつつ、
私の甲羅についたミズゴケをついばみ、むず痒さを紛らわせてくれる彼が
近くにいるときに、私が常に飢えていることを思い出させないで下さい。

―お願いです。どうかどうか神様。