※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金魚すくいにいる亀

ひらひらと目の前を綺麗な赤い色が通り過ぎる。
他の誰とも違う色を、あの子は纏っていた。───それは目を奪われずにはいられないほどの。
傍に行きたくて。せめて、もっと近くでその色のひらめきを見てみたくて。
一生懸命泳いでみるけど、4本もある僕の足はどれもこれも短くて、バタバタとただ不恰好に水を掻くだけだった。
追いつけない、どうしても。

たくさんのひらめき。たくさんの色。
美しく、優雅に泳ぐ彼らの中で、僕だけが異質だ。誰もが僕を避けるように通り過ぎていく。
どうしてだろう。どうして僕だけが、こんなに彼らと違うかたちをしているんだろう。
もしかして今はこんなに異質でも、いつか重い甲羅は脱げて、足は優雅に水を滑る、しなやかな尾ひれに変わるのだろうか。
そうしたら、あの子に追いつけるのかな。
きっときっと、追いつける。

いつか来るその日を夢に見て、今日も僕は必死に水を掻く。
一生懸命前に進む。
ああ、今はこんなに不恰好でも。
いつか絶対に、あの子とひらめくように泳いでみたいんだ。

どうか明日がその日でありますように。