※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤクザとその幼なじみの堅気

扉を開けたら、目前に薔薇、薔薇、真っ赤な薔薇。

薔薇の隙間から、声が聞こえて、男が見える。

白いスーツに柄物のシャツ、夜なのに色の入ったグラスをかけ、
一目で素人のそれではないとわかる雰囲気…
「よ!久しぶり」
その声に覚えがなければ、思わず扉を閉め戻しているところだ。
けれど、そう言って顔を綻ばせた男の頬には、見覚えのある懐かしい笑窪。
つられて笑ってしまうくらい不似合いだった。
笑ったら、懐かしさが込み上げてきて少し喉が詰まった気がした。

「なんつー…格好だ、おまえ」
とにかく早く部屋に入れ、近所に見つかったら俺の品格が疑われそうだ。
その風体に加えて、片手で抱えきれないほどの薔薇の花束を持っている。
どこのホストがやってきたのかと思うじゃないか。
「お前、全然変わってないなぁ」
何をそんなにうれしそうに言うことか。
「お前はまんま、ヤクザだな」
俺がそう言うと、アハハと声を出して笑いながらグラスを外した。

お前だって、目は全然変わってないじゃないか。
そうして笑ってる顔は、俺の知ってるままじゃないか。

『今から行っていい?』
突然電話がか掛かって来たのが30分前。
まさか本当に来るとは思ってなかった。
やつが高校を中退してから、ずっと連絡は取り合っていたものの、
この12年間一度も姿を見せたことはなかったからだ。
世間様に顔向けできないようなことをしている自覚があるからなのか、
はたまた他の理由があるのか知らないが、会うのを避けていると分かったときから
俺はそれ以上の詮索はしなかった。
家族にもろくに消息を知らせていないやつが、俺にだけは欠かさずメールやら電話やらで
連絡をくれるのだから、まあいいだろうと思っていた。


「結婚おめでとう」
玄関へ招きいれ、スリッパを出したところで、奴はそう言って花束を再度差し出す。
「ああ…え?」
「招待状届いた」
来ないだろうとわかっていたが、それでも一番出席して欲しい友人だったから。
「ほれ、結婚祝い」
薔薇の花束を俺の胸に押し付けられる。
ああ、それでこんなもの抱えて来たわけ…って、結婚祝いに、女相手ならまだしも、真っ赤な薔薇の花束って?
いろいろ思うところはあったが、とりあえず「ありがとう」と受け取ってみた。
花束を持った俺を満足したように見るあいつは、一向に玄関から動こうととしない。

「まあ上がれよ」
「いや、それ渡しに来ただけだから」
「何言ってんだ。久しぶりなんだから、ゆっくりしてけって」
「悪いな、この後用事あんだわ。すぐ行かねーと」
「はあ?マジでこれ渡しに来ただけなわけ?」
12年ぶりなんだぞ?何を言ってるんだ。
「まあ、式には出れそうもないんで、顔見とこうかと思ってな」
…今頃何を、と思ってると、腕をつかまれて抱き寄せられる。

「あーあ、お前もとうとう人のもんになっちまうのかぁ」


俺の肩口に顔を乗せて、大きくため息をつきながら何を言うのか。

「…別に、お前のもんだったこともないけどな」
「いんや、物心ついてからこっち、ずっとお前は俺のもんだったの」
「…ふーん、そうだったか」
こいつがそう言うのなら、そうなのだろうと、特に抵抗もなく思う。
一番最初の記憶に、既にこいつは存在してて、何をするのも、どこへ行くのも一緒だった。
俺のもんだと言われても仕方ないくらい、こいつと一緒の記憶しかない。12年前に突然姿を消すまでは。
「12年間もほっとかれれば、人のもんにもなるだろ」
「…だーよな」
苦笑交じりの返答が、あまりに弱弱しくて、俺は思わず身体を離してやつの顔を見た。
なんだか泣きそうな顔をしていると思った。
泣きそうな顔が泣きそうな顔のまま、さらにとんでもないことを言い出す。
「よっしゃ!んじゃ、サヨナラ記念にチューでもしとくか!」
「はぁぁぁあ?」
「独身生活のラストキッスをファーストキッスの相手となんてお前、なかなかできねーぞ!?」
そういや俺のファーストキスもこいつだった…ほんと、俺の青春時代、全部お前のもんだな
なんて妙に納得したところで、掠め取るようなキス。

「…」
そうそう、あのときも、こんな風にちょっとふざけた感じでお前がキスしてきて、
俺は怒るのも、ドキドキするのさえ忘れちまったんだ。
まあでも、甘酸っぱい思い出だよ。
いやいや、そんな思い出に浸ってる場合じゃない。
ここは俺、一応抵抗して怒っておかないと……?



今度は息も付けない、激しいキスをされた。

頭をかき抱かれて、深く舌を差し込まれ、口腔の奥まで弄られる。

唇が合わされる音と、お互いの息遣いだけが、玄関に響いていて、
頭の芯がドロドロに融けてく気がした。
酸欠だ、きっと。
酸欠だから、動けないんだ…。


「もう、いかねーと…」
唇を話した後、あいつはそう呟いて、俺のあたまをグシャグシャに掻き回した。

今の、キスの、言い訳も何もなしに、行くのか。
俺はまだぼんやりした頭で精一杯考えた。

これは言い訳が必要なキスじゃないのか…?
いくらなんでも、青春の1ページに収まってるキスとは同じじゃないだろ。
サヨナラ記念って、こんなんでサヨナラされたら俺は放置プレーだろ。
お前の所有物だってマーキングされた気分だぞ?

なんだその、愛しそうな目は。
そんな目で見ながら、俺の頭を掻き回すのはやめてくれ。
その上また、泣きそうな顔とかしてるんじゃねーよ。

「…幸せになれよ」

ふざけたことを言ってんじゃねぇ。
そんなセリフ残して去ってんじゃねぇ。
俺をこんな気持ちのまま残してくんじゃねぇ。
なんて勝手な奴だ、12年前と同じだ。

今度は俺は追いかけるからな。
今の言い訳を聞きに、押しかけてやるからな。
このまま、また、行方くらますなんて許さないから。

俺は一晩中、咽返る薔薇の香りの中でそうなことばかり考えてた。



数日後、新聞やテレビのニュースが暴力団の内部抗争を比較的大きく取り上げた。
敵対する勢力の幹部を刺殺したとして出頭してきた男が、
警察に移送中、拳銃で撃たれ死亡したことが伝えられていた。