※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤクザとその幼なじみの堅気

 「もう、こうして会うのは終わりにしようじゃないか」
 シャワーを浴びて戻った彼は、ベッドに座り、
がっしりとした手で器用に切った葉巻に火をつけながら、ゆっくりと言った。
 未だ乱れたシーツのうえでぼんやりとしていた僕は、
その言葉をはじめは夢のように反芻し、そして意味を悟った瞬間に飛びおきていた。
 「いきなり何を言いだすんだ!?」
 彼はくすり、と苦笑してから、寝室と続きのダイニングをくすぶっている火先で指した。
そこには、今日の昇進を祝って上司や同僚がくれた花束や菓子類が、
華やかなリボンを解かれて乱雑に放置されている。
そして、彼の持ってきてくれた上等な酒瓶も。
 「そんな、僕が何になったって、あんたへの想いが変わるものか!」
 叫んだ僕の頭を彼はやさしく抱え、ゆっくりと撫でた。
 「あんたはもう俺と関わってちゃいけないんだよ、分かったかい」
 「いいや、分からない、分かるものか!」
 激昂して腕から逃れようともがく僕を、彼の強靭な力が抑えこむ。
 「いいか、あんたはもう俺と関わっちゃいけないんだよ」
 僕の好きな低い張りのある声で、再び彼があやすように言った。
 「あんたは真っ当な道を行くんだ。スキャンダルはご法度なんだよ」
 彼の腕のしたで、その優しい、しかし悲しげな声が低い僅かな振動となって
身体を伝わるのを感じながら、僕はいつの間にかサイドテーブルの灰皿に
挿されていた葉巻から、灰がことり、と落ちるのを見ていた。