※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

交番勤務の警官×本庁の刑事

「売り切れだぁ?」
ほかのコーヒーはあと20円入れないと買えない。
「あーあ、うまくいかねえな」

「これでうまくいきますよ!」
突然、スーツの腕が俺の脇から伸びて、自販機に20円を投入れた。

振り返ると、背は低いが利発そうな若い男が、俺を見て笑顔をうかべていた。
「とっても機嫌が悪いみたいですね」
なんだこいつ。慣れなれしい。
「何でもないですから」と言い財布を出そうとしたら「あ、いいです、ぼくのおごりです」
こいつ人を馬鹿にしてるのか?
「君、あのね。警察を馬鹿にすると」
「それより早く交番にもどりましょう。聞きたいことがいっぱいあるんです」
な、何だって?
「ぼく、広域指名手配犯某号捜査本部の××です」と名乗った男からは、
さっきの笑顔は消え、ひきしまった表情があらわれていた。

こいつが本庁の?
でも本庁のやつらは必ず「××課から」とか肩書きから名乗るのに、
この男は「捜査本部の」としか言わない。
一応確認するか。「本庁の方ですか?」
「早く行きましょう、ぼくは交番のお茶か水でいいですから」
男は、先にたって歩き出した。でもよく見れば、
こいつの身につけてるものは、俺ら番勤めにはおよびじゃない高級品ばかりだった。

でも「お茶か水でいいです」なんて言うやつ、はじめてだ。
こいつ変わってる。
「お茶くらい、ありますから」
「そうですか。なら、自分でやりますから。邪魔はしません。
忘れないで。ぼくたちは同じ警官です」

この男の声が一瞬で、俺の心の尖がりを洗い流した気がした。