※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冒険家仲間

「昔誰かの対談で読んだんだけど…あ、片方はシーナマコトだったはず」
「え?なに?」
「冒険家って、単に想像力が乏しい人種なんじゃないかって…自分達が困っている状況が
 想像できないだけなんじゃないかって」

 その顔は笑っているけれど、声はすこし強張っている。自分達は明日から冬山に
登る。付き合いだしてから、関係が仲間から恋人に変化して初めて。
準備は遺漏なく整えているはずだが、いつだって万一はある。
…そしてその可能性がなければ登山なんてしない。

「ああ、俺には想像力がないな、確かに。だからお前と付き合うのも想像だけじゃ
 我慢できなかったんだ」
 そして彼を組み伏せる。湯を贅沢に使った入浴直後の彼の身体を抱きしめるのは
しばらくお預けとなるだろう。
 玉砕を覚悟したあの告白の時に比べたら、正直なところどんな冒険もスリルに欠ける。
だから今後、自分達の行き先はどんどん過激になるのかもしれない。
 それとも二人で巣作りを始めて、これを最後に冒険は終わりになるのかも。
 ひょっとしたら、今回の山で人生自体が終わりになるのかも。

 想像力の乏しい俺には、まるで予想が出来なかった。