※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4年後にあの場所で

また4年後、今度はあのスタジアムで会おうと笑って約束した日。
互いに、約束はいかにも簡単に実行出来る事のように思っていた。
だがそれから3年後俺とあいつの国の間で戦争が起こり、再会を約束したスタジアムも瓦礫と化して野戦病院となった。
当時、みながそう信じていたように「クリスマス迄には帰れる」と言う予想を疑わぬまま俺も戦地に駆り出されたが、予想されたクリスマス迄には戦争は終らず、約束の4年が過ぎても俺は今だ西部戦線の冷たい塹壕の中にいる。



「なあ、あの桜の咲く丘覚えてるだろ?またいつかあの場所で会わないか?そう……4年後、4年も経てばこの戦争も終わるだろう。」
「ああ。生きてたらな。」
「そんな事言うな。絶対帰って来いよ。」
「はは。お前もな。生きてるんだぞ。じゃあ、今日から4年後の夕日をあの場所で一緒に見よう。」
そう言ったあいつの笑顔が涼やかだった。


程なくして俺も戦地に駆り出され、地獄の南方戦線で数知れない戦友の死を見取る間、俺が考えていたのは絶えずあいつの事。
別れる間際のあの涼やかな笑顔が絶えず俺の脳裏をかすめていた。あの時予想したように戦争はそう長くは続かず2年程で終戦を向かえ俺もなんとか生き延びて帰って来たが、約束の4年が過ぎても、あいつの消息は最後には満州にいたというだけで知れず、遺骨すら戻らない。
当初から果たせる保証もない約束だとは分かっていたが、諦め切れず俺は今も時々約束のあの場所に足を運ばずにはいられない。



俺はこの4年間あいつの事をずっと考えていた。
4年前、たまたま入ったバーのカウンターで隣り合わせただけの名前も連絡先も知らない若い男。初対面なのに妙に気が合って話が弾み、気が付くと俺は誰にも話した事もない心の内まであいつに話していた。
そのまま別れるのが心残りに思っていると、あいつの方から「また会いませんか?」と言ってきた。
俺が頷くとあいつは
「良かった。でも会うのはやっぱり4年後にしましょう。今はまだあなたは別れた人を諦めていないみたいだから。だから4年後の今日、今くらいの時間に、あなたが愛した人と別れたというあの場所で。」と、少し謎めいた事を言った。
それだけ。何故4年後なんだと聞いても「それが乗り越えなければならないキーワードだから」としかそれ以上は答えず、せめて連絡先いや名前くらいはと聞いても答えずにあいつは言った。
「じゃあ、それもこれも全て4年後にお話ししますよ。あなたが忘れず来てくれたら。」
「なんだそれ。随分勿体ぶるんだな。第一、4年後なんてお互い何が起こっているか分からないじゃないか。会える保証もない。」
「それはそれで仕方ない事です。まだ私達の間にはその時が訪れていないという事ですから。」
そう言ってあいつはどことなく寂し気な笑みを浮かべた。
あの笑みが忘れられず、俺はなぜあの時もっと積極的にあいつを誘わなかったのか悔やみつつ、約束の4年が過ぎるのを待ち続けた。
あんな、たまたま一度会って少し話しをしただけの相手と交わした約束を心待ちにするなんて、我ながら柄にもない事だとは思う。
そうは思いながらも何かにつけ、あいつの事を考えずにはいられず、約束の日を向かえた今日、俺は約束のあの場所に足を運ぶ。
どうしても会いたい。
ひどく心が騒ぐ。
あいつは本当に来るだろうか。