※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝わらない

いやいやいやいや、ありえないから。
絶対ないね。まじでない。
伝わってるわけねーじゃん。
だってほら、今だってすごい目で睨まれてるわけで。
はい、すいません。静かにしますよ。
俺なんかちょっとうるさいクラスメイトくらいの存在です。

いいのいいの伝わらなくても。
俺、今のままで充分天国。

大体、引っ込み思案な俺っちは、伝えられるようなことを何にもしてないからね。
精々できてるのは、授業中にじっっっっっと背中を見つめるとか、
プリント渡すときにそっと手を握るとか、
体育の授業のときにさりげなく身体をすり寄せてみるとか、
登下校のとき、10メートル後からついてってるとか、
あいつのバイトしてるコンビニの周りを、2~3時間うろうろするのが日課とか、
そんな程度ですから。

「立派なストーカーだな」
ストーカーとは失礼な!
失礼なことをスルッと言っちゃうお友達ですね、君は。
ストーカーと言えば、あれだろ?無言電話。
俺は無言電話とかしたのは一回しかないんだからな!
だいたいあれだって、無言電話しようと思ったんじゃなく、
結果として無言になってしまっただけなんだからな。

隠し撮り?携帯の待受けになってるアレのこと?
またまた失礼な奴だな君は!
あれは隠れて撮ったわけじゃないから隠し撮りではないのだよ。
自分撮りをするふりをして、外側カメラを起動させてたってテクニックだ。
どうだ、まいったか、デスクトップの背景もあいつだ。


お、席を立ったぞ、帰るのかな。
んじゃ、今日も一緒に下校の時間♪(10メートル差で)

「おい!」

うわっ!びっくりした。なんで目の前にいるんだ!?
帰るんじゃないの?え?ってか、俺に言ってる!?
ヤベェ距離が近いよ!(俺10メートルに慣れすぎ)
どうしよう、どうしよう、ドキドキする。
俺きっと顔真っ赤だ~。

んー?あれ?珍しいな、あいつの顔も真っ赤だ。

「お前な、言いたいことがあるならハッキリ言えよ。
 ハッキリ言わなきゃわかんないんだからな!」

はい、伝わるわけないと思ってました。

「絶対わかんないからな!」




えっと…

「好きです」