※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

踏めやゴラァ

 講義を終えて食堂へ向かう途中で気がついた。
 周りのみんなが俺をちらちら見ては、くすくす笑っている…ような気がする。
 なんだろう、俺そんなに可笑しな格好してるかな…あ、寝癖でもついてるとか?
 髪を撫でつけてはみたけれど、梅雨も間近の湿気を含んだ猫っ毛が指に絡むばかりで、真相は判明しない。
 あ、また。後ろから俺を追い抜いていった二人連れの女の子が、何か言いたげに俺を見ながら足早に去ってゆく。
 ちぇ、と小さく舌打ちしてみたのと同時に、何かを踏んで前につんのめる。見下ろすと、靴紐がほどけていた。
 ほどけたのが右なら××左なら○○ってジンクスがあったよな確か。などと思いながらしゃがんで結びなおしていたら、背中にどかっと衝撃がきた。
「ぐぁ……!」
 反動で地面にしたたか膝をぶつけてしまい、俺は思わず涙目になる。
「あ、すまん、ちょい勢い余った」
 まるですまなさそうでない口調で言いながら覗きこんできたのは、同じクラスの斉藤だ。
「おま…! 何すんだよ!!」
「や、だって、ほら…」
 斉藤が俺の背中に手をやる。何か剥がす気配がする。目の前に掲げられた紙切れを見て、俺は脱力した。
 笑われていた理由といきなり蹴り飛ばされた理由はこれか…
 誰だ、人が寝ている間に背中にこんなものを貼った奴は――

『踏めやゴラァ』