※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雨に濡れて

あいつの部屋を一歩出たら、雨が頬を打った。
 「あれ、つきさま、雨がぁ」
頓狂な声をあげるあいつに、苦笑しながら乗ってやる。
 「春雨じゃ、濡れて参ろう」
目を見合わせ、ひとしきり二人で大笑いした。
 「ほら傘。いくら五月でも、風邪ひくでしょ」
 「これはこれは、かたじけない」
あいつは再びの笑いにむせながら、じゃあね、とドアを閉める。
俺がアパートの角を曲がると、待っていたかのように窓から頭を突き出したあいつが手を振った。
借りた傘をちょいと上げて、挨拶を返す。灰色の空に鮮やかな、真黄色のビニール傘。

駅までの道を歩きながらふと振り返ると、あいつの窓がまだ開いている。
もう顔が確認できる距離ではないけれど、人影が見える。
そうか、この黄色い傘のせいだ。向こうも俺は見えていなくても、傘が見えるんだな。
霧のように街をつつみ、新緑の木々に恵みを与える初夏の雨。
このぐらいで傘をさすのは面倒で、普段ならば雨に濡れていくのだけれど、
今日はそうもいかないようだ。きっと大袈裟なあいつが心配するに違いない。
「あなたが死んだら、僕もすぐに雲の上まで追いかけていくから!」なんつってな。
そんなことを考えながら、子供の持ち物のように色鮮やかな傘を透かしてふと見上げた空は、
天国もかくやと思わせるような金色に輝いてみえた。