※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈍感←ツンデレ

「あ、お前のおかずロールキャベツ。俺好きなんだー、知ってた?」
「知らねーよ。キャベツ安かったから作ってきただけだし」
「へー。おいしそー」
「あ、こらつまむんじゃねーよ。死ね」
「んまいー。料理上手いなぁ~、お前。昨日のの鶏の唐揚げもうまかったし、その前のハンバーグもうまかったし、その前のおいなりさんもうまかったし、その前の大学芋もうまかった」
「お前俺の弁当つまんでばっかじゃねーかよ。死ね」
「だって、俺の好物ばっかり作ってくるんだもんよ。それに、お前細っこいのに重箱で作ってくるし」
「お前が無遠慮につまむからだろーがっ!死ねっ」
「ちぇー。お前の料理好きなのにー」
「……そこまで言うなら、まぁ食ってもいいけど」
「え、ホントに?」
「…ま、持って来すぎたしな。わ、がっつくなよ」
「あー幸せだ~。食べたいと思ったらお前弁当に入れてくるんだもん、ホント俺ラッキーだ~」
「…うまいか?」
「うまいうまい」
「…お前、今晩は何食うの?」
「コンビニ弁当」
「食いたいもんあるなら作ってやっても良いけど」
「え。マジで!?」
「か、勘違いすんなよ?何作ろうか思いつかなかったからまーお前の意見でも聞いてやろうかと…夕飯に呼ぶのはあれだ。アドバイス代としてだな…」
「ひゃっほーう!俺、カレー食いたいカレー!」
「話聞けよ!しかもカレーかよ!腕のふるい甲斐がない…もっと凝った料理も作れんのに…」
「なんか言った?」
「…別に。好物なの?」
「好物好物。スゲー好き」
「…じゃあ、特別上手いの作ってやるよ。ただし、時間掛かるぞ」
「やったー!待つ待つ!」
「じゃー泊まりな」
「え、いいの?じゃあ酒買ってこうぜ~」
「……………死ね。この鈍感」
「え?なんか言った?」
「…別に」