※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スクーター

午前2時に、幼馴染の浩太が、泣きながら、僕の部屋の窓を叩いた。
午前3時に、僕は浩太を、逃がすことを選択した。
そして、荷物をまとめて、僕は浩太のスクーターに乗った。

「お前は、朝になるまで、近くのカラオケボックスで待ってろ。
 俺が、バイクで遠くまで行って、お前が遠くに逃げたように見せるから。
 朝になったら、通勤ラッシュに紛れて、電車乗って、遠くへ逃げろ。
 バイク乗り捨てたら、俺も合流するから」
2時間前に、自分が、泣いている浩太に言った言葉を、頭の中で繰り返す。
髪の色は、浩太と同じ色に変えた。
さっき入ったガソリンスタンドでは、印象に残るようなことをした。
大丈夫。大丈夫。僕はまだ、浩太を守れているはず。

午前5時。あと1時間もしたら、朝になる。
朝になったら、浩太の家の窓についた血が、外から見えて、浩太のやったことを
教えてしまうだろう。隣の家の僕も、いなくなっていることがバレるかもしれない。
それまでに、なるべく遠くに行かなきゃ。
なるべく遠くまで、走らなきゃ。

「このスクーターは、大学に入ったお祝いに、親が買ってくれたもので。
 学校へ行くのも、遊びに行くのも、初めての彼女とデートへ行くのも、この
 スクーターが運んでくれるんだ」
僕に、そう自慢していた、浩太の顔を思い出した。
色々コケたりして、ボロボロだけれど、俺の青春を、全て共にしたんだって言ってた。
アクセルをまわすと、スクーターのエンジンが、大きな音を立てた。
それは、弱気になる僕の心を、勇気づけた。

スクーター。お前の最後のドライブが、僕でごめん。
でも、僕は全てを捨てるから。
親も。兄弟も。友達も。全て、捨てるから。
だから、僕と走るのを、許して。

空が明るくなってきた。信号を無視した。