※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋が始まる直前

ひやりと冷たいものが頬に触れ、目覚める。
閉めたはずのカーテンが開け放たれ、月明かりが部屋をぼんやりと照らし出していた。
夜の虫たちが静かに鳴いている。
生暖かい夜風が微かに俺の身体を掠め、通り抜けていく。
ベッドの端を僅かに傾かせているのが誰なのかは、目を遣らずともわかっていた。
プシュッっと空気が勢いよく抜ける音がして、夜の訪問者たる彼の喉が、液体を流し込まれてゴクリと鳴る。
俺は、頬に押し付けられた缶ビールを手に取り、ゆっくり身を起こすと、その缶はそのままに、彼の手の中から奪い取ったビールを口にした。
俺がそれを一気に飲み干す様を、特に不満気でもなく彼は見ていたのだが、目を合わせると何も言わずに前を向き視線を逸らせた。
肩に手をかけ、少し上身をこちらに向かせて、唇の端に口付ける。
彼は目を閉じる。
触れるか触れないかの距離で唇の上をなぞるように移動し、反対側の頬に口付け、耳の付け根に口付け、舌を尖らせて耳の中に入れると、少しだけ逃げるように身を引いた。
肩に置いた手を彼の後頭部に回し、柔らかい髪の中に手を入れて掴み、軽く引っ張って顔を上向かせる。
そうして少し開いた口元を塞ぐように、自らの唇を重ねる。
真夜中の静寂を乱す卑猥な音を立てて、何度も角度を変えながら、俺たちは長いことキスを貪りあった。

俺の手が彼のシャツをたくし上げ、その肌に直に触れようとしていたときだった。
ふいに「ふぅ…」と深く息をついて、彼が俺の片口に頭を乗せた。
「なんか…久しぶり」
「何が」
「お前とするの」

そりゃあんたは、振られて傷ついたときにしか俺のとこに来ないからね。
恋は50m走でダッシュが基本なあんただから、それでも結構頻繁にこうしていると思うけど。
そうだね、今回はいつもより長かったかもしれない。
初めてセックスしたのはもうずっと昔だけど、この関係は変わらない。
そういうのが、あんたは安心できるんだと、わかってはいるつもりだ。
だから俺は、いつまでも変わらずにいようと思っている。
ただ、あんたが帰ってくるのを待ってるだけなんだけどね。

でも、今みたいに、ため息というのじゃなくて、心からの安堵を得て思わず漏れた…みたいな、そんな息をつかれると、いつもと違うあんたを見せられたりすると、少し期待してしまう。
変わることも、あるのかな…なんて。

でもそれは、悲しいことかもしれないんだ。