※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

寒がり×暑がり

「う~寒いよー・・・そっち行っていい?」
キンとした空気漂う寝室で僕は呟いた。
「ヤダ。暑苦しい。」
隣りで眠る恋人はマジな声で言って背中を向けた。
「クーラー効きすぎだよー・・・布団独り占めしないで~。」
設定いくつにしたんだよー・・・地球温暖化徹底無視かよー。
「俺はクーラーガンガン効いた部屋で布団にくるまって寝んのが好きなの~。」
そう言ってさらにモソモソと布団にくるまる。
あなたは猫か!
「そんな~っ。僕が寒がりだって知ってるだろ~?風邪引いちゃうよ~。」
あまりにも寒くて自分を抱きしめてシーツに身体をこする。
摩擦で一時的に熱くなるけど、それは確かに一時的なものなわけで。
「もう一枚出せばいいじゃんか。こんなバカでかいベッドなんだからよ。」
ふたりで選んだ愛の巣(と言ったら思いっきり殴られた。昔。)なのに・・・
なのに別々の布団で寝るなんておかしいじゃないか!
なんだか自分の置かれた惨めで寂しい姿にだんだんと怒りが・・・
「ううう・・・もういい・・・あなたは僕が風邪引いてもいいってゆうんだね?」
悪いけどあの手を使わせてもらうよ。
汚い手だが仕方あるまい。
「・・・逆ギレか?ウザー。」
ウザーとか言う?!しかも逆ギレとも思えないんだけど!
「どうなっても知らないよ?僕が風邪引いたら明日出かけることもできないんだからね?」
「!」
「明日は水族館行く予定だったよね?あ~あ寒い寒い、このままじゃマジで風邪引いちゃうよ。
 残念だな~明日せっかくいい天気でお出かけ日和なのになぁ~・・・ハックション!」
と、我ながらヘタクソなクシャミもおまけしてみる。
といっても、目の前の恋人はそれこそ口は悪いし態度も悪いが、
見かけに反して中身が結構天然なので案外バレないのだ。
(以前、家の何もないところでコケてるのを見て確信した。)
「う~・・・」
「風邪引いたら車も運転できないし、家に居るしかないね。どうせあなた運転しないでしょ?」
「く~っ・・・」
どうもにもよく分からない唸り声を漏らした後、ペッとぶっきらぼうに布団を寄越す。
依然として背を向けたままの恋人に、僕は満足気に微笑んで、いそいそとそこに潜り込んだ。
「ん~あったかい。」
「絶対明日連れてけよ!!これで風邪引いたら許さねえからな!!」
「分かってるよ・・・ふぁ~・・・」
持ち前の気性を取り戻した恋人の悪態をアクビ混じりに聞きつつ、
そのまましっかり抱きしめて眠りについた。