※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愛するが故に別れる

 あと、二時間。二時間もすれば、今日が終わる。
 今日という、約束の日が終わる。
 あいつは来ない。まだ、来ない。……きっと、来ない。

「専門学校行ってさ、美容師になりたいんだよ俺」
 教員として採用された途端に押し付けられたあいつは、良く言えば今風のファッションセンスに基づいた、悪く言えば昔の科学者コントのオチみたいな、ツンツン爆発頭の生徒だった。外見通りに成績もよろしくなく、中身は空っぽなのか……そういう印象しか持っていなかったそいつから、そんな熱意ある言葉が出てくるとは思わなかった。
 それにしたって試験に受かるだけの学力が必要だと言うと、猛然と勉強してグッと成績を上昇させた生徒。
 良い意味で、目が離せない奴だった。

 外見は斜、中身はこれ以上なく真っ直ぐ。
 気付けば既に惚れていて、でも幸運なことに、あいつも俺を好いてくれた。

 でも、幸運なのはそこまで。
 俺とあいつは、教師と生徒で、男同士だったのだから。
 抱きしめ合い、キスし、こっそり学校から離れたところまで行ってデートして。
 けれどいつも、そこまでだった。それ以上進んではいけなかったから。本当はそこまで進んでもいけないのだから。

 あんまり幸せすぎてさ、と前置きして。
「俺たちこのまま付き合ってたら……お互い、駄目になっちゃうかもね?」
 んー、お前がそういうなら、そうかもしれねーな……という返答に泣きそうになった。
 たとえ駄目になっても、一緒にいたかった。あいつさえ隣にいれば、どんなに飢えていたって幸せだと思っていたから。
 けれど、あいつの夢を摘み取ることなんて、出来なかった。
 世間は冷酷だ。もしこの関係が周りに露呈したら? あいつを好奇の目に晒すことなんて出来るか?

 だから別れた。誰よりも大切だから、手放した。あいつには飛び立つべき空があるのだから。
 振り向かなくても良いように、思わせぶりな噂すら流して。
 最後に取り付けた約束は、叶わなくて良いとすら思った。誰よりも幸せになって欲しいと思う気持ちで、想いを封じ込めて。

 そろそろ一時間を切る。今日が終わる。あいつとの関係も、この沈黙をもって終わる。
 愛していたよと呟くと同時に、音もなく雨が降ってくる。土の匂いが濃くなっていく。

 うつむいた睫毛に水滴がかかった。
 その水滴が、きらきらと耀き出したのは何故だろう?

 顔を上げると、忘れられなかったエンジン音が近づいてきた。あんなに乗ってくるなと注意したのに。あの時より四年分古ぼけたバイクが。
 馬鹿、卒業したからって、騒がしくて迷惑じゃないか。

 ここは真夜中の学校なんだぞ。