※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鎖と手錠と流れた液体

首に繋がれた鎖で逃げる事も叶わず、
昔抵抗したのがきっかけで暴れるといけないと手首には柔らかいタオルが巻かれた。
まるで手錠みたいだ…。恐怖に怯える僕をご主人はそっと抱きしめた。
「お前が悪いんじゃないんだよ…」
優しい顔で微笑むご主人。大好きな微笑みの筈なのに…この日ばかりは恨めしい。
「じゃあ我慢してね、ポチ」
ご主人の手に光る注射器からは予防接種の薬がキラリと一筋垂れた。
動物病院の飼い犬はこういう時損だ。