※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Aが他の人を好きなのを知ってるけど諦めきれないB。他の人に恋をして世界が輝いて見えてるA。

「で、竹内がわざわざ俺のために担当代わってくれたんだ!」

お前は気づいてる?

「へえ、じゃあ念願叶って」

「そう!教室入る前緊張しすぎて冷や汗ダラダラ!ははっ、ありえねーな。」

俺の横顔に差す濃い影を。


「良かったな。これから北川さんと学際終わるまで・・・2人で担当するんだろ?」


彼女はクラスのマドンナ。

可愛くて運動神経抜群、勉強も出来て、おまけに性格まで良い。

まさに理想的な女の子。

あんな子に一度でも優しくされたら、こいつじゃなくても好きになる。

分かっているのに。

なんでなんだろうな。

「そんで帰り際にさ、北川さんとメアド交換したんだ!」

横顔が強張ったのが、自分でも分かった。

「・・・あ、ほら!その方が色々連絡取れるだろ!」

今更何も隠す事なんて無いのに、焦ってんなよ。

「へぇ、良かったじゃん。一歩前進、だな。」

余計傷つくんだよ、そういうの。


“なぁ、北川さんってバスケ部の先輩に浮気された挙げ句、振られたらしいよ。

原因は、なかなか北川さんがヤラせてくんないからだって”


お前はこういう下世話な噂話を好まない。

だからこそ、教えてやりたい。

そしてお前は先輩でも北川さんでもなく、俺を軽蔑するのだろう。


「じゃあ俺、今日はここまでな・・・寄るとこあんだわ。」

なあ、どうしたら俺を好きになってくれる?

今までずっと、一番傍でお前だけを好きでいたのは、俺なんだよ。


「そっか。じゃあまた明日な!・・・・・稜太!」


振り返る瞬間、喉の奥がひゅっと鳴る。

名前を呼ばれただけなのに、こんなに苦しい。


「いつもサンキューな!・・俺の話、聞いてくれて。」


さっきまでのバカ面からは想像出来ないほど、柔らかく優しい笑顔。

優しすぎて儚げで、何もかも口にしてしまいそうになる。


だけど俺達は「友達」だろ?


お前の幸せを、俺は何よりも望んでるんだ。

だからそんな顔するなよ。


また今日も、俺はこの気持ちにさよならできなかった。