※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

曇天 雷 そして夕立

「センセってさ、恋人いんの?」
 いい加減重く空に垂れ下がるようだった曇天が、とうとう決壊する。ゴロゴロと世界中が不機嫌
だと言わんばかりの雷、そして夕立。
「いるって言ったら、どうするんだ?」
 だらしなく机に腰掛けた成績優秀問題生徒は、足を組み替えてフンと鼻を鳴らす。随分と、
つまらなそうに。
「ウラヤマシーって、言って終わる。そんだけ」

 恋人なんていない。
 けれど、好きな奴なら。
 目の前にいる、ふてくされた表情の。

 ツンツン爆発頭に、窓を叩く雨粒の光がぱらぱらかかる。

「いない」
「ふーん……そっか」
 不機嫌がさっと笑顔に溶け消える。雷の光すら、暗い影を残せない、素直な笑顔。
「俺のことなんて良いから、お前のことだ。志望校、変える気はないのか?」
 俺のことなんてどうだって良いから。
 お前の進みたい道、お前の夢、お前の好きなことをもっと話せ。

 振り返らないお前の背中は、それを語ってはくれないだろう?
「無いよ。俺は心変わりなんてしねーよ」

 夕立に雷。早く去ってくれないか。
 傘を忘れた事をまた、後悔する。こいつの思わせぶりな口調に、胸の嵐が吹き荒れる。
「美容師になったら、センセの髪、いじらしてよ?」
 ツンツン頭が疑問系と共に揺れる。
 また、雷が光った。