※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魚座A型×牡牛座O型

「なんかこの番組の占い、いっつも魚座が最下位の気がする」
ソファの上で膝を抱え、太一はリモコンをいじっている。
「そんなことはないだろ。一昨日は二位だった」
「えー、俺それ知らない!」
「寝坊するお前が悪い」
「うぅ~」
だって久し振りのオフだったし、このごろ睡眠不足だったし、と太一の愚痴が続く。
浩二はかちりとコンロの火を止め、半熟の目玉焼きを皿に盛った。
「げっ」
「どうした?」
「A型も最下位だー。なんだよ俺に恨みでもあるのかよー」
占いの神様に見放されたらしい魚座A型の太一は、しくしくと泣きながらクッションを抱き締めた。
「占いくらいでいちいちわめくな」
「おーおー、いーよなーどっちも一位の牡牛座O型さんはよー」
「知るか」
「あっ、ラッキーアイテム!」
唐突に黙り込んでテレビに集中していた太一の顔が、みるみる暗く沈んでいく。
「なんだった?」
「……魚座はピーマン」
「食えばいいじゃないか」
「A型は緑じゃないものだった」
「あー、それは……」
つくづくツイてない男だ。
浩二は少し考えると、まな板の上の野菜を取って太一に放った。
「うわっ、何?!」
「それでも食っとけ」
「何これ、パプリカ?」
太一が受け取ったのは、赤い肉厚の野菜。
「赤ピーマンだ」
「いやパプリカじゃん。今日のサラダにも入ってるし」
「同じようなもんだ」
いいから食え、と言って、浩二は目玉焼きをテーブルに並べる。
釈然としない気分のまま、太一は赤い果肉にかぶりついた。
「青臭っ」
「よし、これでお前の今日の運勢は好転した。気分よく仕事に行けるな?」
「うん」
「ならしっかり朝飯食って、いい顔で撮られてこい」
浩二は牛乳を注いだコップを差し出し、太一ににっと笑いかける。
そっちの笑顔のほうがよっぽどいい顔だ、と思いながら、太一はコップを受け取った。


しゃくなので、牡牛座のラッキーパーソン「愛を囁いてくれる人」には帰ってからなることにした。