※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ああっ…中に出てるぅ…

とても気持ちよくまどろんでいたのに、大きな物音で目が覚めた。

「………なに、いまの音」
ソファから身を起こして辺りを見渡すと、カウンターの脇でマスターが
スツールの下敷きになって倒れていた。
「うわ、大丈夫…?」
「お、おお…ってててて……悪ぃな、おこしちゃってな。」
「うん…ううん、いいよ。それよりなんか、すっごくよく眠れた…。」
「そうか?つったって二時間も寝てないぞ。まだ開店まで時間あるし、いいから
 もうちょっと寝とけや。」

マスターの言葉に甘えて、僕はもう一度寝転がる。
僕が最近眠れないことを話したら、マスターが店のソファを貸してくれた。
前に僕が、一度このソファを独り占めして昼寝したいって言ったのを
覚えていてくれたのだ。

「それにしてもロクちゃん…何の夢見てたの?」
「夢…ああ、なんか見てたけど、思い出せない。」
「ああ、そう」
「なんで…僕何か寝言でも言った?ガキの頃から、よく言うらしいんだけど。」
「あー、いや、うん、いやいや。そっか、思い出せないか。」
「うん、なんか…すごく気持ちのいい、夢だったのにな…」
マスターが調理場で激しく咽せているのが聞こえる。

ソファに体を埋めると、すぐにまた眠気がやってきた。
さっきの夢の続きが見られる気がする。

そうそう…マスターと一緒に映画の中に入っちゃう夢を見てたんだ…。