※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

双子の弟と間違えて兄に告白

 大事な話があると凛の携帯にメールしたのは昨日のことだ。
 眠れなくて、俺はベッドの中でシミュレーションをしていた。
『嬉しいよ』と頬を染める凛。
『ゴメン』とうつむく凛。
 妄想なのに、凛がどんな表情をしていても悶えてしまう俺は変態かもしれない。
 凛には双子で同じ顔の廉という兄がいる。でも何故か俺が悶えるのは凛の方なのだ。

 30分前に来た俺よりも先に、凛は待ち合わせ場所の公園にきていた。
 これは脈アリなのかもしれない。俺は話を切り出した。

「す…好きなんだ!」
「好き?」
「き、気持ち悪いよな。でも、もし可能性があるなら考えて欲しくて…」
「恋愛って意味で?」
「恋愛って意味で」
「俺のどういうところが好き?」
「どういうって……」
「顔? 顔なら俺、同じ顔のやつがいるよ?」
「確かに君の顔は、俺の好みど真ん中ストライクだ。でも廉は廉で、凛は凛だし……」
「だから、どういうところが?」

 なんだろう? 意外と積極的だったんだな。
 ずっと廉の影に隠れているタイプだと思っていたのに。あ? れ?

「廉! お、お、おまっ!」
「チッ。もう気がつきやがった」
「なんでお前が来るんだよ!」
「勝手に間違えたのはそっち」
「メールをしたのは凛の携帯だ!」
「あいつの携帯にロックなんてかかってねーもん」
「うわー、サイテーだ! サイテーだ!!」
「告白相手を間違えるなんてありえない」
「それは認める! でも卑怯だろ、コレは!」
「ただでさえ可愛い弟に男が寄って来るなんて許せないのに。愛があるなら見極めろ」
 それに関しては、反論できない自分がちょっとくやしい。
「ま…まさか、今までメールのやりとりをしてたのは、お前だなんて言わないよな」
「言わないよ。たまにしかしてない」
「てめー! どーりでおかしいと思ったんだよ。俺に気があるようなメールがたまにきて」
「凛がお前に気があると思ったから告ったわけ?」
「違うよ。俺も凛も男だし、いくら仲がよくたって勇気がいったよ。でも……」
「でも?」
「俺、東京に進路が決まったんだ。凛はこっちに残るって聞いた。
だから離れる前に、どうしてもあいつの気持ちを聞いておきたくて……」
「もし、凛とうまくいっても遠距離って大変だぜ?」
「わかってる。でも言わずにはいられなかった」
 ふいに廉が俺の首に腕をからませて言った。
「顔が好みなら、オレはどーよ?」
 予想外の言葉にびっくりした。
「オレも東京に決まった。オレなら近くにいられるけど?」
 廉の顔が俺の目の前にあった。俺好みの端正で綺麗な顔だ。でも。

「……凛じゃないとだめだ……」

 迷いもなくはっきり言えた。
 廉は苦笑いしながら、振り向いて自分の後ろに声をかけた。
「凛、これで不安はなくなっただろ?」
 そこには凛が立っていた。気がつけば、凛と待ち合わせていた時間になっていた。
 廉は俺の胸に人差し指を押し付ける。
「一言、言っておいてやる。凛はオレと違ってナイーブで、ちょっとしたことで不安になる。
お前がたまに凛とオレを間違えたりとか、凛の前でオレを褒めたりとか、お前の無神経さに
どれだけ傷ついてきたかわかってないだろう。まあ、今回は早めに気がついたからいいけど。
あとは凛と話せよ」

 廉はさっさと駅に向かって行ってしまった。残った凛はしばらくしてから俺に今の話の返事をくれた。
都合のいいシミュレーションが現実になった瞬間だった。俺はあの日ほど悶えたことはない。

 『ごめん、廉』と廉の後姿を見ながら言った凛の小さな声も、
ちらっと見えた廉の泣きそうな顔も、きっと俺の気のせいだ。