※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インテリと不良の攻防

踏み出すたびに深く沈み込む、絨毯の感触に閉口する。
最上階が奴のオフィスだ。馬鹿と成金は高いところを好むらしい。
入口に背を向け、硝子越しに夜景を眺める人影に声を掛ける。

「相変わらず羽振りはよさそうだな。ヤクザな商売だ」
人影は特に驚いた様子もなく、ゆっくりとこちらを振り向く。
「どういたしまして。社会正義のために粉骨砕身働いているよ」
奴は備え付けの冷蔵庫からミネラルウォーターを二瓶取り出し、一瓶を勧めてきた。
「済まないが、仕事場にアルコールは置かない主義でね」
「…………」
「ああ、別に何も入ってないよ。神に誓ってただの水だ」
ほら、と開封して一口飲んだそれを、押しつけるように手渡される。
少なくとも無害ではあるらしいが、飲みたい気はしなかった。
ただ、ひんやりとした感触が火照った掌に心地いい。
「聞いたぞ。最近黒いお友達が増えてるみたいじゃないか。社会正義が聞いて呆れる」
奴は瓶を開ける手を止めて、小馬鹿にしたように片眉を上げた。
「わざわざそんな噂話を披露しに来たのか。君だって相当なアウトローだと思うけどね」
「あんなポリシーのない連中と一緒にするな」
瓶に口をつけ、奴は一息に水を呷った。
仰向いた鋭角的な横顔が、やけに様になっている。
ごくりとのどを鳴らす音がする。ここはひどく静かだ。空に近く、喧噪は遠い。

「重要なのは美学じゃないよ、法に抵触しているかどうかだ。
 いつか君が罪に問われた時には弁護してあげよう」
「タダでか」
「お代は君の体……安いものだろう?」
「俺にもプライドってもんがある。お前みたいな変態にやられてたまるか」
吐き捨てると、奴は育ちのよさそうな美貌ちにへら、と軽薄な笑みを浮かべ、その節はどうもと一礼してみせた。
途端、いつぞやの記憶が生々しく蘇ってきた。思わず頭を振る。
湿った肌の感触、息づかい、滅多にみせない真顔。獣の本性と、呼ぶ声の柔らかさ。

―――頭痛がしてきた。心なしか眩暈もする。
ふわふわと覚束ない感覚がするのは、やけに高級な絨毯のせいばかりではない。
本格的に具合が悪くなる前に、本題に入った方がよさそうだ。

「お前みたいな男に一度でも抱かれたことを思うと、死にたくなるよ。だが二度目はないぞ」
睨みつけると、笑みはそのままに、そっと目を伏せて息をついた。
その仕草に、わけもなくずきりとする。無意識のうちに手をポケットに突っ込んだ。
「まあ、君の人生だ。好きにすればいい。
 そのへんの無能に君の運命を委ねるのは、僕の本意ではないけどね」
「俺が捕まることを前提に話を進めるな。
 ……じゃあ、ここからはビジネスの話だ。途中で寝るなよ」
ソファに腰を下ろして向かい合う。
「聴いているよ。君の話は、いつだってちゃんと聴いている」
奴は腹の上で両手を組み、こどものように目を閉じた。