※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣の刃を渡る

「今度はスパイだって?随分と無茶をするんだな」
部屋から出た瞬間、そう話しかけられた。
「ええ、まあ任務ですから」
にこやかに答えると、目の前の男は大きく肩をすくめる。
「いくら百の顔を持つあんたと言えど、さすがに内部調査は危険だろう」
「そうですね…もちろん覚悟の上です」
「これはこれは。素晴らしい忠誠心だ、尊敬するよ」
まるでお手上げだ、とでも言うように男は笑う。
「当然のことですよ」
自分も笑いながら対応する。
「では、私は準備がありますので」
そう言いながら背を向けると、トン、と背中に硬い物が当たる感覚がした。
「…なんの真似です?」
後ろを振り返らず、冷静な声のまま尋ねる。
「はは、流石だな。もうとっくにスパイのあんたがこんな物にビビるわけねえか」
先程と変わらないトーンのまま男も続ける。
「分かってるだろ?俺はあんたの正体に気付いてる」
耳元にまで近付けられた口から男は言葉を紡いでいく。
「他の男と同じように俺を誘ったのがいけなかったな。姿は違えど、小さな癖が隠せていなかった」
―酒を飲む時にグラスのふちをなぞる癖…
「わざと…貴方の前でだけわざとその癖を見せていたとしたら?」
「何?」
ふっと微笑んで、振り返りながらゆっくりと男の首に両腕を回す。
音もなく取り出した拳銃を、男のこめかみに突き当てながら。
「貴方はこの組織に置いておくには惜しい人材です。私の組織でも貴方の名は有名ですよ」
「…俺に裏切れと言っているのか?」
「ええ、そうです」
男の持つ拳銃がスーツを沿って、俺の心臓の辺りでぴたりと止まった。
「あまり見くびらないでもらいたいね。俺は自分の飼い主に噛み付くほど馬鹿じゃない」
「それは残念ですね。忠誠心よりも権力や野望を選択する人間だと聞いていたのですが」
今までも交ざり合っていた視線が、異なる色で絡み合う。
「受けた恩義は返す主義でね。あんたこそいい思いをしたんだから、この組織に寝返ったらどうなんだ?」
「私は自分に得をもたらす組織にしか属しません。あちらの待遇は破格ですよ」
互いに表情は崩さず、拳銃を握る手も動かない。
相手の体温も伝わるこの距離で、命を賭けた根比べが静かに始まる。