※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

矛盾

「受けよ、俺様の801棒はどんな硬い受け穴も突き抜けてしまうのだ。
 さあ、無駄な抵抗はやめて私に抱かれるがいい」

「フフ・・・攻めさん。私の穴をそんじょそこらの受け穴と一緒にしてもらっては困るな」

ババーン!

「何!?ま、まさかこれは・・・どんな硬い棒を持ってしても
 貫くことが出来ぬという、伝説の801穴!?」

「その通りだよ、攻め君。しかし、君のその棒はもしや・・・」

「ああ。君の801穴と同じく伝説と呼ばれている801棒だ」

「なっ・・・」

「「なんと奇遇な!!」」

「ところで受けよ。もし俺の801棒をお前の801穴に突き刺したらどうなるかな?」

「ふっ、心配には及ばぬ。801穴というのは、ただ持ち主の貞操を守るだけのものではない」

「なんだと?」

「相手にあわせて、姿形はもちろん、ローションや妊娠機能までもを完備しているのだ!」

「素晴らしい!」

「しかし、攻めさん。困ったことが一つだけあるのだ」

「何だ?」

「このままでは『矛盾』というお題を無視して話が終わってしまうのだよ」

「それは大変!」

「だから私は君に抵抗することにしよう。そして君は嫌がる私を無理やり手篭めにするのだよ」

「了解した」

801棒と801穴、どちらが勝ったのかは二人にしかわからない・・・・・・