※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンデリズム

最近、ハルのやつはツンデレツンデレと煩い。
そんなに好きなら、僕がそのツンデレとやらをやれば喜んでもらえるだろうか。

まずは調査。インターネットなどによると、どうやらツンデレとは性格の一種らしい。
『人目のあるところではツンツン、二人きりだとデレデレ、略してツンデレ』だそうだ。
つまり、人前ではつれなくして、誰もいない時にベタベタすればいいようだ。
よし、今日にでも早速、と考えたところではたと思い出した。
今日は一日、家の中で二人だけで過ごす予定だった。ということは終始ベタベタすることになる。
これではいつもと変わらないじゃないか。
困り果てていると、ふと、ツンデレにはもうひとつのタイプがあるらしいことに気付いた。
『表面上はツンツン、内心はデレデレ、略してツンデレ』というのがそれだ。
一言で言えば、意地っ張り、のようなものか。
これなら二人だけの時でも出来る。ハルが来たらやってやろう。
昼過ぎ、ハルが借りたビデオを抱えてやって来た。
「ナツキ、なにか見たいのある?」
「見たくない」
即答すると、ハルは驚きに目を大きく見開いた。
うまくいっているようだ。続いて、ハルが見たいなら見る、と言えばいいはずだ。
「まぁ、ハルが見たいっていうんなら、一緒に見ても……ハル?!」
なぜここで泣くんだ?なにか間違ったのだろうか。
「ごめん、ナツキぃ」
「え?」
「なんかわかんないけど、謝るから怒らないでくれよぉ」
ぐすぐすとハルは泣きじゃくる。
参った。仕方ない、すべて白状しよう。
「ハル、お前、ツンデレっていうのが好きなんだろ?」
「へ?うん、そうだけど」
「それを聞いて、お前に喜んでもらおうと思って、僕もツンデレに挑戦してみたんだ。
 どうやら失敗してしまったようだけど」
言いながら、なんだか情けない気分になってくる。
と、ハルはぱちくりと瞬きした後、へなへなと座り込んでしまった。
「ハル?」
「よかったー、嫌われたわけじゃなかったんだ」
えへへ、と泣き笑いのような表情をし、ハルは僕にぎゅっと抱き着く。
「確かにツンデレは好きだよ。けど、ナツキはいつもみたいに素直クールなほうが、俺は好きだな」
素直クール。また知らない言葉が出た。
調べるのはとりあえず後回しにして、僕はしがみついて離れないハルの頭をなでてやった。