※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共依存

ある一夜。
村外れのあばらやに一人の旅人が忍んでおりました。
年の頃は十二、三。
透けるように白い肌は、破れた屋根から零れる月光に照らされ、その腕から流れ落ちる朱い筋さえもキラキラと反射させています。
彼は今、訳のわからぬままに「敵でも味方でもないもの」に取り囲まれておりました。
その名を「ニンゲン」という生き物です。
彼も以前は、そう呼ばれた生き物でした。
彼の両親が一年に一度、森に現れる獣を退治すると出掛けるまでは。
…貧しい我が家に一人取り残された彼が、自らが誠の孤独になったことを悟るまでは。
彼は祈りました。
獣を捕えるまでは旅を続け、けして見失うことなく獣に復讐を、と。
獣を追うことが彼の生きる縁になり、年を季節を忘れて、幾年も十幾年も獣は彼の姿を確認し、彼も獣の後ろ姿を追いました。
その内に幾度も通り過ぎた街や村で噂が立ち始めました。
「自分たちが子供の頃に出会った姿のままでいる青年がいる」
それが祈りから生まれた奇跡なのか、彼自身にもわかりません。
しかし、自分達とは明らかに違う時間で生きる者への純粋な恐怖から、彼もまた「ケモノ」と呼ばれる生き物になりました。
そして。
人々はケモノ退治と称してとうとう村外れに追い詰めました。
放たれた火により、彼の回りの壁が炎に包まれます。
熱く燃え、激しい火の粉が舞い上がる中、しかし疲れた彼はもう逃げるつもりがありませんでした。
数日前、村人から追われた彼に代わり、谷底に落ちていった獣。
獣が噂通りの生き物ならばいつでも誰でも、彼でさえも片付けることなど簡単だった筈なのに、何の抵抗もなく。
…獣のいない世界になど、もう意味がない。
彼がそう思った時、崩れた壁の向こうから傷だらけの青年が現れました。
幻を見ているのかも知れない。
「何故?」
彼は遠くなる意識の中、問いました。
何故、自分の前に戻ってきたのか。
もう追われずに済む筈ではないか。
獣は何も答えません。
答えぬままに、彼へ手を差し延べました。
その手は彼のものと変わらない、柔らかなヒトの形をしておりました。

月の光の下、燃えたあばらやは全て灰になり。
あれは現実だったのか
彼と獣は何処へ行ったか、彼の目的が果たされたか、ニンゲンで知る者は誰もおりません。

続きは月だけが知る物語。