※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

眼鏡と眼鏡

「よっ、おひさー!」
「相変わらずバカ元気だな。……ん?」
久々に電話をかけてきて「遊びに行こうぜ、メシはお前のオゴリで!」なんてほざいた
バカ友は、前と少しも変わらない調子で挨拶をしてきた。でも、そんなバカ友に小さな
変化がひとつ。
「お前眼鏡なんかかけてたか?」
「いや、かけはじめたのは最近だ。結構似合うだろ?」
「まあな。で、なんで眼鏡なんだ?視力が落ちたのか?」
「ちっげーよ、オシャレだ、オ・シャ・レ。度なんか入ってねえよ」
「……」
なるほど、確かにバカ友のかけている眼鏡は、フレームが細く、レンズには薄く色が
ついていて、なかなか洒落たデザインだった。
……でも、気に食わねえ。小さい頃から目が悪くて、分厚いレンズのダサイ眼鏡をかけ
ることを余儀なくされた俺は(中学時代にコンタクトにしたら、体質に合わないのかエライ
ことになった)眼鏡の似合うバカ友も、洒落たデザインの眼鏡も気に入らなかった。
「お前ってさあ、昔っから眼鏡かけてるけど全然似合わねえよな」
……人が気にしてることをズバズバと。どこまでバカなんだこの男は。
小さく見上げて睨みつけると、いきなり視界がぼやけた。目を細めて見れば、バカ友が笑顔と
ともに俺から取り上げた眼鏡をひらひらとふっている。
「やっぱお前眼鏡かけてねえほうが絶対いいって。特にそのレモンティーみたいな目が、レンズ
で隠されるなんてもったいねえよ」
――赤い顔を隠しながら、バカ友の手から眼鏡を取って、かけ直す。
「……俺の目なんか誰も見てないだろう」
「あー、もったいない。でもまあいいや。お前が眼鏡かけてりゃ、俺も眼鏡でお揃いだしな」
「……馬鹿」
少しだけ、ダサイ眼鏡も好きになれそうな気がした。