※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミラーボール

いいから来てくれ、と幼馴染から半ば無理やり渡されたのは、
小さなライブハウスでの小さなイベントのチケットだった。
「マジおもしれーから!絶対来いよ!」
ここ何年も連絡ひとつよこさなかったくせに、この野郎。なんて心で悪態をつきながら、分かったよ、と頷いた。
あいつが最近ダンスに夢中になってんのは知ってたけど、大して期待はしてなかった。
冷やかし半分、義理半分って感じだった。

それなのに。

俺はステージで舞うあいつから目を離せずにいる。
光と爆音の渦のなかで、周囲からは野次やら嬌声やらが飛び交って。
皆思い思いに身体を揺らしているというのに、ただ一人棒立ちだった。
音とリズムに合わせて動く身体は、たまに人間かと思うほどのトリッキーさで客を魅了し。
メンバーとの大技が成功した時なんて、俺も思わず歓声を上げた。
いくつもの派手なパフォーマンスをやっているのに、客席へのアピールも忘れない。
その、観客のテンションとビートとあいつの動きがはまった瞬間の、あいつのはにかんだような笑顔。

あんな顔、初めて見た。
何だよ、何だよ。俺と会ってない間にこんなにカッコよくなってんじゃねぇよ、馬鹿。

曲のキメで隣の奴がダミ声で叫んだ。

「アツシ、チョーカッコイイー!!!」

俺も、そう思う。