※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保護者×被保護者(血縁じゃなく)

「はい、よくできました。お前は優秀だね」
「……あまり子供扱いしないでください」
「子供扱いなどしていないさ。褒め言葉は素直に受け取るものだ」
「……分かりました。努力します」
「うむ。そういう素直なところも素晴らしいな」
「そんなに乱暴に頭をなでないでください。というかやっぱり子供扱い
しています」
「していないよ。ただお前を可愛いと思っているだけだ」
「男に対する可愛いは褒め言葉ではありません」
「おや、私は最大の賛辞を贈ったつもりだがな。大体お前が可愛いのは
事実なのだから仕方がないだろう。……初めて逢ったとき、どこのお姫様
が現れたのかと思ったぞ」
「今の日本は王位制ではありません」
「物の例えだ。……しかし、お前と逢ってから今日で丁度1年だな。雪の
中、薄手のコート一枚をブレザーの上に羽織って、大きなトランクを持って
立っていて……。正直、ズボンが男子校のものでなければ、女だと思うところ
だった」
「……お聞きにならないのですか?」
「何をだ?」
「……あのとき、何故あんな格好で立っていたのか……」
「そんなことを知ってもどうにもならないからな」
「え?」
「あのときお前があそこにいた理由など、私には必要ない。私に必要なのは、あ
のときお前に逢えたという事実と、今お前と共にあるという事実だけだ。大体自分から
話さないということは、知られたくないのだろう?」
「……はい」
「だったらなおさら必要ない。お前はただ、私の傍にいればいい」
「はい!」

「……お前は、笑うとなおさら可愛いな」