※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

別れのあいさつ

ぐすぐすと泣きじゃくるアキをなだめるのは、これで何度目だろう。
「泣くなよ、アキ」
「シュウちゃぁん」
あぁ、本当に昔から変わらない。図体ばかり大きくなっても、中身はいつまでも泣き虫のままだ。
のしかかるように抱き着いてくるアキの背を、ぽんぽんと叩いてあやす。
「泣くなって。もう十七だろう?」
「だって、だってシュウちゃん。もう、会えないなんて、やだぁ」
既視感を覚えるのは、これが二度目の別れだから。だけど今度のはあの時と違って、もう二度と会うことはない。
鼻の奥がつんと痺れて、俺はアキの背をぎゅっと掴んだ。
「アキ。あの時俺が言ったこと、覚えてる?」
「え…?」
身体を軽く離して、アキの顔を覗き込む。
「今生の別れの時ですら、別れの言葉は再会を約束している。そう言ったよね」
アキ、俺はね。十年前のお別れの時、またお前に会えるなんて、思いもしなかったんだ。
だから、お前と再び会えて、お前と恋ができて、お前と愛を交わせて。それだけで、充分なんだよ。
「また、会えるよ」
例え、生きて会うことは叶わずとも。
「シュウちゃん」
「愛してるよ、アキ」
大切なアキ。大好きなアキ。俺の、生涯ただ一人の、愛しい泣き虫。
 次は、神様のもとで。
囁いて、キスをして、一歩下がって。
俺は逃げるように、アキに背を向けた。