※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

持ちつ持たれつな関係

「あんた昨日風呂入りました?」
「入ってない」
「メシは?」
「食べてない」
「……いつから」
「メシは一昨日から、風呂は日曜日、いや土曜日かな」
「今すぐなんか作るからシャワー浴びてきてください」
「面倒だから明日入るよ」
「あんた今マジでくさいんスよ! 同じ部屋にいんの耐えられないから浴びてください」
「その言い方は人権侵害だなァ」
「公衆衛生を無視してる人が何言ってんすか、はいこれタオル」

2LDKのオートロックのアパートは、バストイレベランダ付。
ルームシェアの相手を募集していた生活能力ゼロの男と知り合い、
共に暮し始めてから数ヶ月が経った。
現在は彼が家賃を全額払い、俺がすべての家事をこなしている。
最初は居候のようで居心地が悪かったが、要するに家政婦代わりなのだと気付いてからは、
俺もあまり遠慮しなくなった。

「研究で家空ける度にこんなことになられちゃ困るんスけど」
「うん、だからなるべくマメに帰ってきてね」
「いやそういうことじゃないって」
「これ美味いね、しょうがが効いてる」
「餓死する前にカップラーメンでも何でも勝手に食っといてくださいよ」
「君は口は悪いけど優しい子だよね」
「あんた人の話聞いてます?」
「君よく怒ってるけどさ、僕のこと嫌いじゃないじゃない」
「はァ?」
「僕が心配だから怒ってくれるんだよね」
「だって家賃払ってもらってますから」
「君さ、僕のセックス好きでしょ?」
「ちょっと! メシ食ってる時にそういう話しないでください!!」
「ごめんごめん」
「……ごちそうさまでした」
「ねえ、さっき風呂ためておいたから君も入っておいでよ」
「珍しく気が利くじゃないスか」
「僕ね、昼は色々と迷惑かけるけど夜は奉仕する派なんだ」
「それは結構です」

断りはしたものの、風呂からあがって自室に戻るとベッドの上で男が待っていて、
俺はまさに奉仕され、ぐずぐずにされてしまった。
悔しいことに彼の手は肌に馴染んでひどく心地良い。
与えられたら拒めないし、それに満足している自分もいる。
認めたくはないけれど、ひょっとしたら持ちつ持たれつの関係なのかもしれない。