※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺の方が好きだよ!

「あ、猫!」
 俺の隣を歩いていたツレが、突然足を止めて声を上げた。
 振り返ると、道の隅に丸くなってまどろむキジトラの猫。
 ツレは猫から1m程離れたところにしゃがみこむと、猫に向かって手を伸ばし、ちちち、と舌を鳴らした。
 それに気付いた猫が目を開け、億劫そうにツレを見上げる。
「エサもねぇのに、野良猫が寄ってくるわけ……」
 言いかけた俺の言葉が、途中で切れた。
 のっそりと起き上がった猫がツレに歩み寄り、ふんふんと手の匂いを嗅いだ後、その掌に顔を擦り寄せる。
「うわー、かわいい。人に慣れてるんだね」
 満面の笑みを浮かべるツレと、その手に撫でられて満足そうに目を閉じている猫を見て、ただ呆然。
 いやいやいや、ねぇから。
 学校の行き帰りに何度も見かけたその猫を、俺が何回撫でようとしてシカトこかれたと思ってんだよ。
 最後の手段と煮干を用意した時ですら、煮干だけ食って一度も触らせてくんなかったっつーの!!
 畜生、俺が嫌われてただけかよ。
「……お前、猫に好かれるんだな」
「うん。動物には懐かれるんだよね。人間には全然好かれないのに」
 さりげなく言われた台詞に、なんかムカついた。
 なんだそれ、どういう意味だよ。
「僕も、動物に生まれればよかったかもね。……ん? お前も僕のこと好き? 僕もお前のこと、好きだよ」

「ざけんなよ! そんな猫より、俺の方がお前のこと好きだよ!!」

「え?」
「……え?」
 自分で言った台詞に、自分で驚いた。
 ツレも、驚いた顔で俺を見上げてる。
 え? 俺今、なんかとんでもねぇこと言わなかったか?
 互いに顔を見合わせて、数秒。
 ツレが猫へと視線を戻す。
「……ふぅん」
 そしてまた、止まっていた手を動かして猫を撫で始める。
 撫でられた猫は、ゴロゴロと喉を鳴らした。
 おい、それだけかよ。
 無意識とは言え、一世一代の告白だぞ。
 つーか、言うつもりなんてなかったのに。
 猫に焼餅焼いて告白なんて、すっげぇかっこわりぃ。
 そのまま何も言わないツレに腹が立ってきて、このまま置いて帰ろうかと思ってふと見ると、髪から覗く耳が赤くなっているのに気付いた。
「……そうなんだ。……ありがと」
 小さく呟かれた言葉に、そっとツレの顔を覗き込む。
 慌てたように逆の方を向いたけど、しっかり見えた。
 赤い顔で、嬉しそうに笑うお前の顔。
 なんだよ、もしかしてお前も俺のこと好きなのかよ。
 段々と、俺の顔も赤くなっていくのが自分でわかった。

 あー、なんかすっげぇ情けねぇ。
 こんな道端で、勢いで告白なんかしちまって。
 でもまぁ、なんか上手くいきそうだし、結果オーライってヤツ?
 なぁ、お前もいつまでも猫なんか構ってないで、俺の方を向いてくれよ。