※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

好きな人に似た人

「そういえば大野が全然知らないヤツのことまさきと勘違いして話しかけようとしてたよ。俺が止めてなかったら確実話しかけてた。」
「またかよ!!さっきはるとにも「昨日理学部キャンパスいたよな?」って言われたんだけど。行くわけねーじゃん俺法学部よ。」
「マジでお前に似てる人多いんな。」
「毎日のように「まさきに似てるやついた。」とか「昨日○○で見た。」とか言われる。」
「いいじゃん。変なこと目撃されても「それちげーやつだよ。」っつっとけばお前の場合通じるし。」
「いや別にそこ嬉しくないでしょ。俺ってそんなどこにでもいそうな顔してんの?」
「そうなんじゃないの?」
「マジかよー。俺にも個性ってモンあるでしょーよ。みんなもっと俺を見ろ!そして気付け!!!」
「個性ねぇ…。」
「あ、でもそういえば」
「何。」

「お前は間違えないよね。なんで?」



なんでだろ?