※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひぎぃぃぃぃぃらめぇええええこわれちゃうぅぅぅぅぅぅっつ

「『ひぎぃぃぃぃぃらめぇええええこわれちゃうぅぅぅぅぅぅっつ』ってどうやって発音するのかな」
「なんですか?」
「エロマンガのセリフです」
「今読んだ通りに発音するんじゃないんですか?」
「最後の『っつ』はやっぱりちゃんと『つ』も言うんですよね、きっと」
「知りません」
「試してみませんか」
「誰が」
「あなたが」
「誰と」
「私が」
「嫌です」
「どうしてですか」
「どうしてもです」
「試してみないとわからないじゃないですか」
「僕はわからなくても困りません」
「私はわからないとこの好奇心が収まりません」
「収まらなくてもいいじゃないですか」
「いいですけど、納得するまであなたで妄想しますがいいですか」
「それは嫌です」
「あなたの顔を見る度に、どんな声を出すのかなとか、妄想で頭がパンクするかもしれません」
「だいたい、本当にそんな風に最中に言う人いるんですか。聞いたこと無いですけど」
「誰かとそういう風になったことあるんですか」
「そりゃあ僕だってそれなりに経験はありますから」
「それじゃあ、最中に『だめ』が『らめ』になるかも試してみましょうよ」
「だから嫌ですって」
「堂々巡りですね」
「ですね」
「キスならいいんじゃないですか」
「え」
「そこからなら大丈夫ですよね」
「んー」
「ね?」
「まあ、キスなら」
「じゃあ目をつぶってくださいね」
「はい」
「ん」
「…ん」
「………」
「………ん、」
「………」
「…ん……」
「キスが上手ですね」
「んん」
「この先もいいですね?」
「…ン」
「試すだけですから」
「………あ」



「結局、『ひぎぃ』も『らめぇ』もなかったですね」
「当たり前じゃないでしょうか」
「『こわれちゃう』はありましたね」
「大きすぎるんです!」
「残念ながら、発音の仕方は結局わかりませんでした」
「マンガみたいには普通喘ぎませんから」
「でもおかげで好奇心が満たされました」
「そうですか」
「身も心もすっきりです」
「それはよかったですね」
「何か怒ってますか?」
「僕はこう言う身体だけの関係は嫌いなんです」
「ごめんなさい、順番が逆でした。私はあなたが好きなんです」
「知りませんでした」
「知らなかったんですか」
「僕はそれほど察しがよくありませんから」
「それはごめんなさい。私はずっと口説いてたつもりでした」
「口説かれてたとは思いもしませんでした」
「そうですか、それでは今度は恋人同士の行為に移りましょうか」
「いえ、壊れちゃうので」
「まだ恋人同士としては試してないですよ」
「……たしかにそうですけど」
「ね」
「…はい」
「それでは」
「あ」
「いただきます」
「…あ……らめぇ…」