※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コスモスなど優しく吹けば死ねないよ

その場所で、その子は花を持って立っていた。
僕はかける言葉も無く、ただ後ろに立っている。
この場所で、彼は死んだ。ある朝、複数の人間に殴られ、裸にむかれ、冷え込む秋の朝、
この裏路地に放置されて、暴行と凍死で死んだ。犯人は、捕まっていない。
この前まで、僕と仲良く喋っていた、自分で自分のことを「チンピラ」と呼んでいた彼に、
花をたむけるのは、その子がはじめてだった。

僕は情報屋だった。
この前、刑事に、僕はある情報を流した。それは、麻薬取引について。
チンピラが漏らした情報だった。
その情報の結果、ある麻薬ルートが消滅した。
僕は、その情報を流す時、それでチンピラがどうなるかなんて、考えもしていなかった。
ただ無邪気に、この大きな情報を、お金に変えた。
だから…、目の前の子は、こんなに悲しんでいる。

目の前の子は、立ちんぼ、という仕事をしている、男の娼婦だった。
未成年で、何度も補導されている。でも、その仕事をやめない。
理由は、帰るところがないからだそうだ。
そんな彼は、チンピラに拾われて、ある日から、立ちんぼをやめた。
どういった生活を、二人で送っていたかは知らない。ただ、僕がチンピラと最後に話した時、
チンピラはこう言っていた。
「ほうっておけない人間ができたから、チンピラから足洗おうと思ってるんだ」

目の前の子は、僕のところにやってきて、泣きもせず、「彼が死んだ場所を教えて」と言った。
そして、今はただ、その場所を無言でながめている。
「…死のうとか、考えるなよ」
僕は、かろうじてそう言った。
そう言わないと、彼はどこかへ消えていってしまいそうだったからだ。
僕は、自分ですら信じていない言葉を吐いた。
「死んだら、天国にいけないから、ソイツと会えなくなる」

その子は、僕の方をふりかえった。その顔に、感情は見えない。
しばらく、だまったまま、僕達は見詰め合った。
「…コスモスなど、やさしく吹けば、死ねないよ…」
「え?」
その子は、それだけつぶやくと、チンピラの墓前に、バサリと花を投げた。
その花は、秋桜。
彼はその後、この街から姿を消した。家に戻った、という話も聞かない。



僕はその後、ある本を読んで、彼の最後の言葉に出会うことになる。
「鈴木しづ子…」
それは、娼婦の俳句という扇情的な見出しの後に、ならんでいた。
女性設計技師から、ダンサー、娼婦、そして黒人の在日兵と恋に落ちた女性俳人の句らしい。
そしてこの句は…その黒人兵士が死んだ後の句。
「『コスモスなど、やさしく吹けば死ねないよ…』」
その本の最後は、こう締めくくられていた。

『この女性は、出版記念会の席上、「それでは皆さん、ごきげんよう、そしてさようなら」
 と言って中座し、そのまま姿を消しました。現在も、生死不明です』

僕は、この文を読んで、もうあの子には二度と会えないのだろうな、と悟った。
死にたいでも、死にたくないでもなく、死ねないあの子。
だから、彼はせめて、しづ子のように、消えてしまったら、二度とは戻ってこないつもりなのだ。
僕は、ただその本を手にもったまま、立ち尽くしていた。
情報屋は、それからやっていない。