※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

嫌いだったハズのアイツ

角張ったあごにくちづける。髭が伸びてきていて唇を刺す。
この口が嫌みな台詞を吐くたびに苛々させられたことを思い出す。
カンに触ったのは、それが正論だったせい。むかついたのは鋭すぎたから。
「お前が担当だろう」と言ったのは、逃げたわけじゃなく俺の仕事を尊重しただけ。
残業するたびに眉をひそめたのは、安請け合いする俺を気遣ったせい。
わかりにくいんだよ、おかげで異動してきて半年も、お前のことが嫌いだった。
かつての職場は、能率が悪くて馴れ合いがはびこる吹きだまりだった。
お前が新しい風を入れた。能力と、誠実さで。
皆が変わった。最後まで残ったのは俺だった。
おかげで、上にまで火の粉がかかるようなヘマをするはめになった。
すんでのところでお前に救われ、かろうじて事を納めた。
お前は相当のとばっちりだったけど。
屈辱だった。嫌みだと思った。一人で何とかしたかった。いや、むしろ一人で駄目になりたかった。
たぶん、お前に抱いていたのは嫉妬。解消するにはお前を認めるしかないような。
どうしても負けたくなかった。
だから、負けないためにお前に屈した。
敵わない相手だと素直に認めようとした。あいつが好きだと思おうとした。
男が男に惚れるような、そんな感情を持とうと努めた。
──頭のどこかで、それでも嫌いだ、嫌な男だと思いながら。
予想外だったのは、本当にあいつが良く見えてきたことだ。
わかってしまった。誤解されやすい言動の、その本当の意味。
いつからだっただろう?
お前の視線がまともに受けられない。社用車に同乗しようものなら明らかに挙動不審。
とうとう夕飯を誘われて、指摘されて、尋ねられる。
「俺のこと……どう思う?」
おどおどと自信なげに。でも嬉しそうに。
そうやって最初からしおらしげにしておけば、俺も受け入れていただろう……ただし普通の同僚として。
これは振り幅だ。左に大きく揺れるほど、右に振れるときも大きく強く動く。
そうして俺はすっかり飲み込まれた。もはや屈辱とも思わない。あるべき姿のような気さえする。
「こうなることは最初からわかってたよ」
俺の腹に顔を埋めながらお前が言う。嘘をつけ。お前だって、俺のこと嫌いだっただろう?
俺はそういう自信まんまんなところが、今だって大嫌いなんだよ。