※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポケトレ以外の色違いについて


このページは、主にポケトレ以外で色違いを狙う時に参考にするページです。





タマゴ孵化

【タマゴについて】
・性別、特性、性格はポケッチアプリの育て屋チェッカーに
 タマゴが表示された時(爺さんが横を向いた時)に決定。
・個体値は卵をもらった瞬間に決定。

色違いはタマゴから産まれた時のグラフィックで既に色違いになっている。(ただし光の輪は出ない)
孵化の場合は遺伝技を持った色違いをゲットできるため、実戦投入も不可能ではない。
ポケトレ不可能な場所にしか出現しないポケモン(クチートなど)の数少ない入手法となる。
言うまでもないがかなり根気がいる。

[爺前孵化法]
性格値そのものが、育て屋爺さんがタマゴをストックした時点で決定されている。
したがって爺さんがタマゴをストックした状態から
孵化とリセットを何度くりかえしても、けっして色違いは生まれない。
逆に、色違いとなる性格値であったなら、それもまた固定される。つまり
1 爺さんがタマゴをストックした状態(右を向いた状態)でレポート
2 爺さんに話しかけて卵を受け取り、孵化させる
3 非色違いが生まれた→逃がすなどして処分→1へ
4 色違いが生まれた→“セーブしないで”個体値選別
5 個体値が低かった場合リセットして2に戻る。
という方法で色違いポケモンの個体値を選別できる。
育て屋爺さんの前でセーブすることから、爺前孵化法と呼ばれる。
むろん、この状態を準備するのはとてつもなく大変。
だがいわゆる国際結婚法を利用するのなら、挑戦してみてもよいかもしれない。
なお、この方法の特性上、性格・特性は粘ることができない。


【国際孵化について】
 ・両親どちらかを国外産にすると色違いが生まれやすい。確率は1/2048(例 ♂:日本ROM産 ♀:アメリカROM産)
ちなみに国籍(産地)は、GBAでは孵化させたROMのもの、DSではタマゴができたROMのものになるので、親を選ぶ際は注意が必要。
 ・かわらずの石を持たせても性格遺伝はされない(効果が無くなる)
 ・♂の個体値、遺伝技を自由にする為♀を国外産にする事が多い。

カセキ復元

今作はダイヤorパール限定のカセキ以外なら全部狙えます。狙いましょう。
[色違いゲット法]
【お手軽バージョン】
①研究員にカセキを渡す
②外に出る
③中に戻る
④研究員の前でレポート
⑤研究員に話しかけて、復元したポケモンのステータスを見る
⑥A,色違い⇒ゲット⇒おめでとう!
 B,普通の色⇒リセット⇒⑤へ戻る

【カセキマニアバージョン】
①狙いたい色違いのカセキを5個用意する(てもちは1匹だけにしておく)
②研究員にカセキを渡す
③外に出る
④中に戻る
⑤研究員の前でレポート
⑥研究員に話しかけて、復元したポケモンのステータスを見る
⑦A,色違い⇒おめでとう!
 B,普通の色⇒②⇒③⇒④⇒⑥の繰り返し(レポートはしません)
       ⇒もし5匹全て普通の色だったら、リセット⇒⑥へ戻る

どちらがいいかは自分のお好みで。下の方が若干効率が良い。
ただ、カセキが5個必要なので、カセキを掘りに行くぐらいなら先にお手軽バージョンで始めた方がいいかも。

固定シンボル

フワンテ、伝説系など。
フワンテ
たにまのはつでんしょのまえに金曜日限定で漂っています。

[色違いゲット法]
①フワンテの前でレポートを書く
②フワンテに話しかけて戦闘開始(・x・)ぷわわー!
③A,色違いフワンテ⇒ゲット⇒おめでとう!
 B,普通のフワンテ⇒リセット⇒②へ戻る

とまぁシンプルです。
要注意技もないのでまったりと。
特性が2つあったり、連鎖と違って乱獲できないので、狙った特性で更に高個体だとかなりラッキー。
せめて性格シンクロぐらいはさせましょう。

伝説系+ロトム
ロトム、パルキア、ディアルガ、レジギガス、ヒードラン、ギラティナを狙いたいそんなあなたに。

[色違いゲット法]
①シンボルの前でレポートを書く
②シンボルに話しかけて戦闘開始グギュグバァ!
③A,色違い⇒ゲット⇒おめでとう!
 B,普通の色⇒リセット⇒②へ戻る

とまぁこれもシンプルです。
基本的に高レベル&低捕獲率なので注意。間違っても技選択ミスなどしないように。
なげつけるとリサイクルを覚えたポケモンにヒメリのみを持たせておくと、相手のPPを回復できてわるあがき対策になります。

※ギラティナはノーマルタイプとゴーストタイプを連れて行けばノーダメージで捕獲できます。
 シャドーダイブ溜め⇒ノーマル交代。その他⇒ゴーストタイプ

マップ逃亡系

ラティアス・ラティオス(GBA):テレビを見たとき。
ライコウ・エンテイ・スイクン(GBA):ネットワークマシンが完成したとき。
エムリット・クレセリア:初遭遇時。(話しかけた時点)
にそれぞれ個体値決定=色違いかどうか決定。
GBA組は割と困難。

※自然遭遇について

色違いに遭遇する確率は1/8192。
努力値振り中に自然遭遇したり、連鎖中に割り込まれたポケモンが色違いだったり。
完全に不意討ちで現れるが、手持ちに余裕があればある程度対策しておいてもいいかもしれない。
[例ポケモン]
①ドーブル(なるべく高レベルで)
キノコのほうし
ねをはる
くろいまなざし
みねうち
●くろいまなざしで逃亡禁止。ねをはるでほえる・ふきとばし無効。
 もちろん様々なバリエーションがあるので、自分好みに。
②ゲンガー(なるべく高レベル、もしくは50前後)
さいみんじゅつ
ナイトヘッド
くろいまなざし
何か
●ドーブル捕まえたりスケッチさせるのめんどくさいって人用。
 ドーブルと違ってとっしん、すてみタックルを無効。
 ちなみに固定技3つは自力で早い段階に習得可能。
 ナイトヘッド使用時は相手の体力が51以上である事を確認してから。