※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チャーリー・パーカー~Charles Parker Jr


1920年8月29日 - 1955年3月12日
アメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ生まれ。
ジャズのアルトサックス奏者。
絶対音感を持っていたと言われている。

モダン・ジャズ(ビ・バップ)の父とも呼ばれている。

1945年~1948年が活動の最盛期であろう。
天才的なひらめきを伴うアドリブは伝説化している。

1945年 マイルス・デイヴィスを自分のバンドに起用する。
1947年 マイルスの初リーダー・セッションをサポートした。

麻薬とアルコールに依存し、何度も精神病院に入院する。

1940年代末期以降は演奏に衰えが見られるようになり、心不全で死去。

作 品

Live at Townhall w. Dizzy(1945, first released in 2005)
Bird and Diz at Carnegie Hall (1947)
Bird on 52nd Street (1948)
Jazz at the Philharmonic (1949)
Charlie Parker All Stars Live at the Royal Roost (1949)
One Night in Birdland (1950)
Bird at the High Hat (1953)
Charlie Parker at Storyville (1953)
Jazz At Massey Hall (1953)