※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョン・コルトレーン~John Coltrane


1926年9月23日 - 1967年7月17日
アメリカノースカロライナ州生まれ
モダンジャズのサックス奏者。テナーサックスをメインとする
最初期はアルトサックス、1960年代はソプラノサックス、最晩年にはフルートを演奏。

活動時期
1950年代のハード・バップの黄金時代から1960年代のモード・ジャズの時代、フリー・ジャズの時代まで活躍した。

チャーリー・パーカー(アルトサックス)亡き後、ソニー・ロリンズ(テナーサックス)と並ぶジャズ・サックスの大御所。

妻はピアニストのアリス・コルトレーン、次男はサックス奏者のラヴィ・コルトレーン、三男はサックス・クラリネット奏者のオラン・コルトレーンである。

来日時のインタビューで、もっとも自分に影響を与えた音楽家二人としてオーネット・コールマンとともにアルバート・アイラーの名前を挙げている。また、アルバート・アイラーは、コルトレーンに心酔していた。コルトレーンの葬儀の時にはソロ演奏を行っている。
コルトレーンの演奏を形容する時にしばしば用いられる「シーツ・オブ・サウンド」という言葉は、音楽評論家のアイラ・ギトラーが、1958年に『ダウン・ビート』誌で使ったのが最初。

略 歴

1949年 ディジー・ガレスピーのバンドに参加。テナー・サックスに転向。
1955年 マイルス・デイヴィスのグループに参加。
1957年 プレスティッジ・レコードと契約。セロニアス・モンクのリーダー・アルバムに参加、音楽的に影響を受ける。独特の演奏スタイルを確立し、後のジャズ界に影響を与えた。

1959年 マイルスの『カインド・オブ・ブルー』に参加。モード・ジャズという手法を世に示す。アトランティック・レコードに移籍。
1960年 『ジャイアント・ステップス』発表。その後マイルスのバンドを脱退。

1961年 インパルス!レコードに移籍。一時的にエリック・ドルフィー(バスクラリネット)を加えたクインテットで活動。その後は主にマッコイ・タイナー(ピアノ)、ジミー・ギャリソン(ベース)、エルビン・ジョーンズ(ドラム)とのカルテットで幾多の名演を生んだ。
1962年 デューク・エリントンとも共演。
1965年 ファラオ・サンダースが加入。12月にマッコイ・タイナーがバンドを離れ、アリス・マクロード(1966年にジョンと結婚)が加入。
1966年 3月にエルビン・ジョーンズも退団。
1966年 7月来日。記者会見で「10年後のあなたはどんな人間でありたいと思いますか?」という質問に対し「私は聖者になりたい」と答えたというエピソードがある。また同記者会見にてもっとも尊敬する音楽家は?という質問に対し、オーネット・コールマンの名前を挙げた。
1967年5月7日 ボルチモアで最後のコンサートを行う。
1967年7月17日 肝臓癌で死去。

作 品


   * Coltrane(プレスティッジ)
   * Blue Train(ブルーノート)
   * Soultrane(プレスティッジ)
   * Giant Steps(アトランティック)
   * Coltrane's Sound(アトランティック)
   * My Favorite Things(アトランティック)
   * "Live" At The Village Vanguard(インパルス)
   * Coltrane(インパルス)
   * Ballads(インパルス)
   * Duke Ellington & John Coltrane(インパルス)
   * Impressions(インパルス)
   * A Love Supreme(インパルス)
   * Ascension(インパルス)
   * Expression(インパルス)