※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤、紅、アカ

 赤、紅、アカ。
 おびただしいほどの、アカ。
 アカが飛び、アカが舞い、アカが踊る。
 私は、何をヤっているんだろう……?
「あは、は……」
 ぼやけた思考のまま、ただ頭の中でつぶやく。
「……は、は」
 自らへの問いかけに私の口は、ただ、答えにもならない声を漏らすだけ。
 わからない。
 ぱしゃあ、と。またアカが広がる。いったい、どれだけ広がるんだろうか。
 振り上げた腕を、振り下ろす。その度に、アカが広がってゆく。
 ぺしゃ、とアカが私の頬にかかる。
 私はそのアカを、愛でるように優しく撫でた。
 ぬめりとした、アカの感触。
 撫でた指を見ると、アカに染まっていた。
 ふと、私はたまらないほどの衝動に襲われ、アカい指をそっと口へ運び、くわえた。
 口内に染み渡る、アカの味。鉄臭くて、甘美で、ぞくりとする、生きている味。
 もっと、欲しい。
 私は本能のまま腕を振るった。
 アカは音と共に噴水のように噴出し、散った。その光景は舞い落ちる雪よりも、ずっと綺麗で鮮やかで。
「あ……はは」
 それでも口から出るのは感情のない笑い声のみ。
 見えるのは赤。見ているのは紅。見たいのはアカ。
 だけど、私が望んでいるのは……
 腕を、振るう。思うままに。何も考えず。感情などはなく。
 ……わから、ない。
 ――私は何をしているの?
 腕を振り上げ、下ろす。
 ――私は何がしたいの?
 アカを見て、笑う。
「はは……あは、は」
 笑う。……いや、笑ってなんてない。私は――……

 ……わからない。
 何もかも、わからない。
 今いる場所も。今私がしていることも。今私はどうしたいのかも。
 わかるのはアカと……アカい貴方だけ。
 わからない。わからない。わかっていることも、わからない。
 ……もう、わからなくて、いいや。
「あはは……あはは、ははっ」
 私は、嗤っていた。人形なんかよりも、壊れて崩れた嗤いをしていた。
 赤くなれ。紅くなれ。アカくなれ!
 わからなくていい。ただ、思うままに。考えることなく、身に任せ。
 ……すべて、アカくなってしまえ。

 ――そして。
 赤くなった私は嗤って、紅くなった刃を持つ腕を振り上げ、アカくなった貴方に刃を突き刺した。
 狂ったように嗤って、痛む心も壊れているのに、なぜか涙を流しながら……